平成25年度神奈川県産業技術センター「一般公開」のご案内 | 神奈川県産業技術センター
ホーム
ページ全体のサイズ
logo
更新日:2013.02.27

平成25年度神奈川県産業技術センター「一般公開」のご案内

開催日時

4月18日(木)9:30~16:30(参加費無料)

開催概要

  科学技術週間行事の一環として科学技術について理解と関心を深めていただくとともに、企業の皆様に当センターの支援内容を広く知っていただき、一層のご利用をお願いするために一般公開を実施します。
 試験・研究機器を公開し、見学ツアーを開催します。また、講演会の開催、伝統工芸品の展示などを行います。
 皆様のお越しをお待ち致します。

見学会(技術分野別見学ツアー時間割)

所要時間は各コースとも1時間程度です。

事前申込不要です。当日受付にて申し込みください。

コース名(下段は開催時刻)

概要

材料技術・評価コース

(10時~、11時~、15時~)

立体形状や寸法を精度よく測定したり、材料の表面を観察や分析する機器を紹介します。

製品開発・評価コース

(10時~、11時~、15時~)

部品の中のはんだ付接合部の状況をX線で検査したり、製品の出来上がりに欠陥などの不具合がないかを検査する機器を紹介します。

材料加工コース

(10時~、11時~、15時~)

金属やセラミックス、木、繊維等の加工試作や処理をする機器を紹介します。例えば、摩擦摩耗実験室では機械の素材表面の摩擦が小さくなるように処理し、機械への負担を減らす研究をしています。

電子部品の製造及び評価技術コース

(10時~、11時~、15時~) 

あらゆる製品に利用されている電子部品は、小型化・集積化のため、厚さが数百ナノメートル程度の薄膜を作製し、これを数マイクロメール程度の大きさに微細加工する必要があります。これらの製造工程に使用される装置やクリーンルームなどの設備を見学します。また、出来上がった電子部品を電子基板や製品に組み込むための実装技術などについても説明します。

EMC・高周波技術・電気安全および電子回路応用コース

(10時~、11時~、15時~)

さまざまな電波が飛び交う環境で、電子機器が電波での誤動作する可能性の有無を調べる装置などを紹介します。

化学技術部紹介コース

(10時~、11時~、15時~)

製品に混入した異物の特定や鉛・カドミウムなどの有害化学物質の評価に用いられる試験機器などを見学していただきながら、化学分野における技術支援業務について紹介します。

食品の機能性・バイオマスコース

(10時~、15時~)

健康維持や老化防止が期待される食品の評価や「食品の安全・安心」についての研究や機器を紹介します。

蓄電池・燃料電池コース 

(11時~、15時~)

リチウムイオン電池等の蓄電池や燃料電池の試験・研究設備を見学していただきながら、設備の活用状況や各電池技術の開発動向等について担当研究員が紹介します。

スマートエネルギーシステムコース

(10時~、11時~、15時~)

神奈川県では電力会社を中心とした集中型のエネルギー体系を、より環境に配慮したものとするとともに、地域が中心となった分散型のエネルギー体系を新たに構築していくかながわスマートエネルギー構想を推進しています。構想は「創エネ」「省エネ」「蓄エネ」の3つの取り組みを中心に据えています。再生可能エネルギー(当センターでは太陽光)等の導入を進めて電力供給量の拡大を図る「創エネ」の技術的な課題解決の試みと、電力のピークシフトを図る「蓄エネ」の実証実験についてご案内します。

 

講演会

お申し込みの必要はございません。(ご来場者が定員を超えた場合入場をお断りする場合がございます。当日はなるべく早めにご来場ください。)

iPS細胞を用いた神経再生・神経疾患治療の試み

■ 講演時間

13:00 ~14:45

■ 会場

講堂 (管理・情報棟2階)

■ 概要

iPS 細胞技術は、皮膚などの体細胞に数個の遺伝子を導入するだけで多能性の幹細胞を誘導する技術で、2012 年のノーベル医学・生理学賞の対象となった事は記憶に新しいかと思います。iPS 細胞は、患者さん本人の細胞から作ることができるため、拒絶反応のない再生医療を実現できるので大きな期待を集めています。私たちは、iPS 細胞から神経細胞を作成し、マウスでの実証に成功しました。人間への応用には安全性などでまだ時間がかかりますが、神経再生研究の最先端やアルツハイマー病やパーキンソン病の治療の可能性についてご紹介します。

■ 講師

慶應義塾大学教授 岡野栄之 氏

■ 定員 

350名 

 

技術を活かす!これからの知財・経営戦略

■ 講演時間

11:00 ~12:00

■ 会場

講義室2-1,2,3(管理・情報棟2階)

■ 概要

発明の日にちなみ、知的財産戦略に関する講演を行います。
これからの経営戦略を考える際に知財戦略を組み込むことは大変重要です。知財活用の最初のステップでの考え方、具体的なやり方についてわかりやすくお話しします。

■ 講師

大窪国際特許事務所 弁理士 大窪 克之 氏

■ 定員 

90名 

 


主催:神奈川県産業技術センター   共催:神奈川県産業技術交流協会   後援:海老名市


問合せ先

技術支援推進部 交流相談支援室 電話 046-236-1500(代表)




みなさまのご意見をお聞かせください

  • このページの情報は役に立ちましたか
  •  役に立った    普通   役に立たなかった

  • このページの内容はわかりやすかったですか
  •  分かりやすい   普通   分かりにくい

  • このページの情報は見つけやすかったですか
  •  見つけやすかった 普通   見つけにくかった