平成26年度 ものづくり技術経営セミナー EXPERIENCE VISION「ビジョン提案型デザイン手法」を学ぶ | 神奈川県産業技術センター
ホーム
ページ全体のサイズ
logo
更新日:2014.06.04

平成26年度 ものづくり技術経営セミナー
EXPERIENCE VISION「ビジョン提案型デザイン手法」を学ぶ

 

 現代のものづくりは優れた技術や、多様な機能の開発だけでなく、ユーザーの本質的要求に応える新たな商品・サービスの創出を目指した商品開発が重要とされています。
 今回の「平成26年度 ものづくり技術経営セミナー」は、ここ最近、大手メーカーの製品開発でも取り入れられているEXPERIENCE VISION「ビジョン提案型デザイン手法」を、これからの『売れる商品づくり』に役立てていただく為に、この手法の開発者である、山崎和彦氏、高橋克実氏、早川誠二氏、上田義弘氏を講師に迎え、全4回の集中講座を開催する運びになりましたので、ご案内させていただきます。
 この手法は、自社商品開発に取り組みたい方、新しい発想が生まれず行き詰まりを感じているなどお悩みの方、イノベーションを起こす商品開発を行いたい方に取り入れていただきたい手法です。経営者、企画開発・設計担当等、役職、専門分野を問わず、ご活用いただける内容となっています。
 基調講演からワークショップにわたる全4回のセミナーを通じて、この手法の「コツ」を身につけて頂ければ幸いです。

 

 皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

 
*EXPERIENCE VISION「ビジョン提案型デザイン手法」=ユーザーが商品やサービスの利用を通じて得られる経験・体験(エクスペリエンス)を重視し、企業が製品やサービスとして提供することをビジョン・シナリオとして描き、企画をまとめる手法

 
  

平成26年度ものづくり技術経営セミナー_チラシ(PDF)
 
開催内容講師紹介申込み方法・問合せ先

開 催 内 容

平成26年度ものづくり技術経営セミナー
 
ユーザーの本質的要求に応える、新たな商品・サービスの創出を目指して
『EXPERIENCE VISION「ビジョン提案型デザイン手法」を学ぶ』
 

≪全4回集中講座≫ 2014年6月27日(金)・7月3日(木)・7月11日(金)・7月18日(金)
*開催時間は内容によって所要時間が異なりますので、下記詳細をご確認ください。
*第1回は公開講座になりますので、この回のみのお申込みも可能です。

 
 
1 基調講演・実践ワークショップの導入説明

  6月27日(金) 14:00~16:30 場所:2階・カンファレンスルーム

 

  基調講演:「Experience Vision ~ビジョン提案型デザイン手法~」の基本と実践
  講義:「ビジョン提案型デザイン手法」の実践プロセス・ワークショップの説明
  (基調講演:山崎 和彦 氏、講義:高橋 克実 氏) 
  
2 実践ワークショップ1・2

  7月3日(木) 10:00~12:00/13:00~16:30 場所:3階・会議室3

  実践ワークショップ1(10:00~12:00)
  実践ワークショップ2(13:00~16:30)
   (講師:高橋 克実 氏、早川 誠二 氏) 
  
 実践ワークショップ3・4

  7月11日(金) 10:00~12:00/13:00~16:30 場所:3階・会議室3

  実践ワークショップ3(10:00~12:00)
  実践ワークショップ4(13:00~16:30)
  (講師:高橋 克実 氏、早川 誠二 氏) 
  
4 ワークショップのまとめ/プレゼンテーション・講評・特別講演

  7月18日(金) 前準備10:00~12:00/プレゼン13:00~16:30 場所:3階・会議室3

  前準備:ワークショップまとめ(10:00~12:00)
  プレゼンテーション・講評(13:00~16:30)
   (講師:高橋 克実 氏、早川 誠二 氏、特別講演:上田 義弘 氏)  
  

講 師 紹 介

山崎 和彦
千葉工業大学
工学部デザイン科学科 教授

http://www.design-cit.jp/

京都工芸繊維大学卒業後、クリナップにて企画デザインを担当、日本IBMにてデザインを担当、ThinkPadブランドの育成に貢献、2003年日本IBM(株)ユーザーエクスペリエンスデザインセンター長(技術理事)。博士(芸術工学)、人間中心設計推進機構副理事長、日本デザイン学会理事、日本インダストリアルデザイナー協会理事。
 
 

高橋 克実
(株)ホロンクリエイト 代表取締役
(公社)かながわデザイン機構 会員

http://www.hol-on.co.jp/

インターフィット・プロデューサ、1994年「ひと」「もの」「こと」「そと」の優合を目指して㈱ホロンクリエイトを設立。大手企業50社以上とのデザイン開発40年の経験を基にデザインツールとして『HOTMOCK』、Trending.netの自社製品開発と、Experience Visionの実践コンサルティングを行う。
 
 

早川 誠二
NPO法人人間中心設計推進機構 事務局長

http://www.hcdnet.org/
 
リコー入社後、研究企画、人間工学研究、ユーザーマニュアル制作など様々な部門を経験後、ソニーにてヒューマンインターフェースラボの立ち上げに関わる。リコーに再入社後は、一貫して人間中心設計プロセスの実践活動に関り、ユーザー調査や、ガイドライン開発、社内啓蒙、新規事業開発などに携わる。
 
 

上田 義弘
富士通デザイン(株) 代表取締役社長
(公社)かながわデザイン機構 会員

http://jp.fujitsu.com/group/fdl/

富士通に入社以来、一貫して人間中心(HCD)視点で、商品、サービス、ICTソリューションに対するデザイン開発、ユーザーインタフェース開発や次世代に向けたビジョン開発に従事。 最近はデザインの楽しさや実践経験を後進に伝えたく、千葉大学、九州大学や首都大学東京等にて非常勤講師も行っている。日本人間工学会アーゴデザイン部会長。
 
 

 
 

申 込 み ・ 問 合 せ 先

■ 日時 平成26年6月27日~7月18日  [ 6/27・7/3・7/11・7/18 ] 
■ 場所 神奈川県産業技術センター(海老名市下今泉705-1
■ 募集人数 第1回公開講座:50名
全日程(第1回~4回):20名(定員となり次第締切)
■ 参加費 無料
全日程参加者は教材をご用意ください。
*教材=「エクスペリエンス・ビジョン: ユーザーを見つめてうれしい体験を企画するビジョン提案型デザイン手法」丸善出版(株)発行・価格3,024円、セミナー会期中は著者割にて販売されます。すでにお持ちの方は、ご持参ください。
■ 申込方法

お申込みは電子メール又は、ファックスで受付します。

 

 メールでお申込みの方

下記の申込先電子メールに必要事項を入力の上、お申込みください。

【必要事項】
   1:受講者氏名(ふりがな)
   2:企業名
   3:所属部署・役職
   4:所在地
   5:電話
   6:ファックス
   7:電子メール
   8:受講希望
    (「第1回の公開講演のみ」または「全日程参加」)

【申込先電子メールアドレス】 : kaihatsu@kanagawa-iri.jp

 

 ファックスでお申込みの方 

この平成26年度ものづくり技術経営セミナー_チラシ(PDF)をダウンロードし、受講申込欄に必要事項を記入の上、下記【申込み先ファックス番号】までお送りください。

【申込先ファックス番号】 : 046(236)1527

 

【締め切り】 : 6月25日()

 

*受付完了後、メールまたはファックスにてご連絡させていただきます。受付完了の連絡まで数日間お待ちいただく場合があります。

■ 問合先  技術支援推進部 商品開発支援室 田中・守谷
 電話 : 046(236)1500 
 電子メール : kaihatsu@kanagawa-iri.jp 

 




みなさまのご意見をお聞かせください

  • このページの情報は役に立ちましたか
  •  役に立った    普通   役に立たなかった

  • このページの内容はわかりやすかったですか
  •  分かりやすい   普通   分かりにくい

  • このページの情報は見つけやすかったですか
  •  見つけやすかった 普通   見つけにくかった