意義・目的 | 神奈川県産業技術センター
ホーム
ページ全体のサイズ
logo
更新日:2012.11.19

意義・目的

(1) 産総研の設置目的

ア 目的と使命の構造

産総研の目的と使命は、下図のような構造を持っている。

目的と使命の構造
産総研は、(1)~(5)の目的達成のための使命を最も効果的に達成できるように組織編成、資源配分、成果評価、技術支援を実施しなければならない。この面で留意すべき点は(1)の使命の一層の改善・高度化を図ることと、(2)~(5)の使命の重要度、優先度を明確にして使命の達成を図ることである。

イ 使命達成戦略の検討

予算削減、新規採用削減等の状況下においては、使命の選択と集中等の「戦略的検討」を強化しないかぎり、「職員は興味ある研究以外は無関心」(所長自己評価)になったり、「支援対象企業から見ると、敷居が高い」と言う結果を招き易い。こうした戦略的検討を曖昧にしておくと、結果的に研究所の運営の活性度を低下させることになるので注意が必要である。

 

(2) 産総研の意義

ア ステークホルダー別価値と産総研の意義

産総研の意義は「ステークホルダー別の価値満足度」によって決まる。ステークホルダー別の価値満足度は、産総研の使命の遂行度によって決まる。したがっ て、研究所経営の環境状況の変化に応じた「使命の再認識」と、経常的な「使命遂行度評価」を試みることが望ましい。ステークホルダーは、企業の場合は「顧 客」、「株主」、「従業員」、「地域社会」等である。

産総研の主目的が「県内中小企業の技術支援」だとすれば、そのステークホルダーの主対象は当然「県内の中小企業」と言うことになる。産総研の研究所運営 で問題があるとすれば、このステークホルダーの価値満足度を指標とする「意義の認識」が曖昧なことである。この点は、今後の検討課題である。

イ 「使命と業務の整合性」と「遂行度指標の明確性」

制度を改革しても運営方法の改革を怠っているのが日本の産・官・学各セクターに共通の欠陥であり弱点である。それは、神奈川県の公設研究所の場合も決して例外ではない。

前述の(1)~(5)の使命は、技術経営(Management of Technology)の観点からの使命の認識であるが、産総研の場合は、より実情に合致させた形で「研究開発」、「技術評価・相談」、「人材育成」、 「技術情報・交流」の四つの業務を使命とほぼ同義で認識している。

そもそも、組織の使命は、その組織の経営哲学や理念によって認識の仕方が異なるのはやむをえないことだが、組織論などでは一般に組織の使命の行動形態を業務として扱っている。

産総研が、より目的的にその使命の遂行を図り、ステークホルダーの価値満足度を高めるためには、環境条件の変化に応じて使命と業務の整合性を図り、かつ使命の遂行度指標の明確化に努めることを期待したい。 (松井副委員長)




みなさまのご意見をお聞かせください

  • このページの情報は役に立ちましたか
  •  役に立った    普通   役に立たなかった

  • このページの内容はわかりやすかったですか
  •  分かりやすい   普通   分かりにくい

  • このページの情報は見つけやすかったですか
  •  見つけやすかった 普通   見つけにくかった