電子技術部の主な研究事業と支援成果 | 神奈川県産業技術センター
ホーム
ページ全体のサイズ
logo
更新日:2013.11.20

電子技術部の主な研究事業と支援成果

今年度の主な研究事業
 

  • スマートエネルギーシステム導入推進事業(平成24~26年度)
  • 県内畜産物の高品質化に向けた家畜健康管理センサーの開発(平成23~25年度)
  • 大電流パワーモジュールの試作と実装評価(平成25~26年度)
  • メンタルヘルスケア用センサーの開発(平成25~27年度)
  • 硼珪酸ガラスを対象としたインプリント用電鋳金型の開発(平成24~26年度)
  • シーケンス制御システムの基盤モジュールの開発(平成24~25年度)
  • ペトリネットによる構造解析パッケージの開発(平成24~25年度)
  • ノイズ対策技術の簡易評価手法の確立(平成25年度)

 
 

主な研究開発成果
 

  • 災害発生時、要救助者を迅速かつ効果的に探査する埋没者探査機の開発
  • 1GHz以上の電波を高精度で測定可能なLPDA型光電界センサシステムの開発

 
 

主な支援成果
 

熱衝撃試験機画像

熱衝撃試験機(省エネタイプ)の開発
パワーエレクトロニクス部品は、特に高温耐熱性が要求され、厳しい試験が求められます。これまで、省エネタイプの熱衝撃試験機の開発に協力するなど、信頼性評価等のデバイス実装技術で支援しています。



 

LPDA型光電界センサ

LPDA型光電界センサの開発
電磁界計測の分野では光を使った測定技術に関心が高まっています。このような背景を踏まえて携帯電話や無線LANの電波測定に利用可能なLPDA型光電界センサシステムの開発を支援しています。



 

制御用ボードコンピュータ

制御用ボードコンピュータの開発
中小製造業が導入し易い価格で、豊富な機能を持つ、Linux対応の制御用32ビットボードコンピュータなど組み込み技術で支援しています。

 




みなさまのご意見をお聞かせください

  • このページの情報は役に立ちましたか
  •  役に立った    普通   役に立たなかった

  • このページの内容はわかりやすかったですか
  •  分かりやすい   普通   分かりにくい

  • このページの情報は見つけやすかったですか
  •  見つけやすかった 普通   見つけにくかった