顕微鏡試料調整用研磨機 | 神奈川県産業技術センター
ホーム
ページ全体のサイズ
logo
更新日:2016.03.31

顕微鏡試料調整用研磨機

お客様ご自身が使用して、試作・分析を行える機器は 『利用の仕方』欄にご利用OKがつけてあります。

顕微鏡試料調整用研磨機

 

 
項目 内容
機器名 自動研磨機
利用の仕方  
使用料No  
分類 生産加工機器
担当 機械・材料技術部
仕様 試料回転装置回転数及び回転方向;150rpm,時計又は反時計方向/研磨盤回転数及び回転方向;40~600rpm(10rpm毎),反時計方向/研磨盤直径;250又は300mm/試料加圧方法及び加圧力;単独試料研磨時10~100N(5N毎)、集中複数試料研磨時;30~400N(10N毎)/研磨材懸濁液供給方法及び数量;自動、最大7種類・研磨可能試料寸法;φ25mm、φ30mm、φ40mm
用途 金属組織観察やマクロ組織試験用試料を研磨して表面を鏡面に仕上げるために用います。
手数料No
/試験名
0031/金蔵組織写真撮影,0060/マクロ組織写真,0070/写真撮影
製造社名 丸本ストルアス(株)
規格 テグラフォースシステム
導入年度 平成20年度

  • 「使用料」とはご利用OKのついた機器をご使用いただいたときの料金です。ご利用OKのある機器でも、使用条件によって料金が変わる場合は空欄となっています。そのような機器の使用料は、お問い合わせ下さい。
  • 「手数料」とは当センター職員がお客様のご依頼を受けて試験等を実施する場合の料金です。この他にオーダーメードでもお受けできます。
  • 「試験名」とは当機器を利用して行う試験等の名称で、クリックすると詳細説明がご覧になれます。




みなさまのご意見をお聞かせください

  • このページの情報は役に立ちましたか
  •  役に立った    普通   役に立たなかった

  • このページの内容はわかりやすかったですか
  •  分かりやすい   普通   分かりにくい

  • このページの情報は見つけやすかったですか
  •  見つけやすかった 普通   見つけにくかった