本文へジャンプ

更新年月日 2010年03月09日

豆茶器玩具  小田原市

豆茶器玩具

挽物技術でも更に高い精度が要求されるのがこの玩具です。湯飲茶碗で直径4〜5ミリ大のミニチュアの茶器で、自然の木の色調を生かしているのが特徴です。茶托、茶碗、皿、火鉢、茶櫃など生活用品を同じ比率で小さくまとめています。特に土瓶や急須の蓋は、ほんとうに開けられるように細工してあり、その細密さはロクロ技術の粋と言えます。

このページの先頭へもどる

本文ここで終了