本文へジャンプ

更新年月日 2010年03月09日

大山こま  伊勢原市

大山こま

江戸時代中期頃、大山信仰と結びついて発達してきたと言われてます。俗にコマは「よくまわす」とかけて、家内安全、商売繁盛、五穀豊穣を祈る縁起物でもありました。大山こまは恵まれた木材と挽物技術が生んだ勝れた木地玩具です。端正さ重厚さ、そして民芸的な色彩の線模様がよく木の肌合いと調和した昔ながら技法がなお守られている数少ない郷土玩具の傑作の一つです。

このページの先頭へもどる

本文ここで終了