創業期・製品化支援モデル事業 | 神奈川県産業技術センター
ホーム
ページ全体のサイズ
logo
更新日:2013.03.15

創業期・製品化支援モデル事業

<平成25年3月で本事業は終了し、4月から「製品化・事業化支援事業」に引き継がれます>

創業期・製品化支援モデル事業とは

新製品の開発や、自社製品の大幅なグレードアップをめざす県内の中小企業・個人等の皆様を、技術と事業化の両面からサポートする事業です。

当センターが保有する技術と設備機器を活用し、迅速に製品開発を進めていただくことができます。

製品開発の計画をお持ちの方は、ぜひご検討ください。

 <平成24年度第1期支援決定テーマはこちら>

<平成24年度追加募集のご案内はこちら(締切済み)>

支援内容

支援は原則1年間です。継続をご希望される場合、来年度に再度応募をしていただく必要があります。

 

☞ 技術的支援

  • 職員による技術サポート
  • 依頼試験・研究機器使用料の減額(100 万円以内)

☞ 事業化支援

  • ビジネスプランの作成
  • 資金調達や特許に関する相談
  • 当センター主催のものづくり技術経営セミナーに参加
  • テクニカルショウヨコハマへの出展(当センターブース内での展示で出展社数は限られます)

☞ 実験室の専有使用

  • 当センター内の製品開発室を専有し、開発の拠点とすることが可能
    (57m2、2箇月当たり113,280円~119,040円(光熱水費別)、製品開発室使用課題に限定)

 




みなさまのご意見をお聞かせください

  • このページの情報は役に立ちましたか
  •  役に立った    普通   役に立たなかった

  • このページの内容はわかりやすかったですか
  •  分かりやすい   普通   分かりにくい

  • このページの情報は見つけやすかったですか
  •  見つけやすかった 普通   見つけにくかった