産技センター職員発明特許等の情報 産技センターID : 108 | 神奈川県産業技術センター
ホーム
ページ全体のサイズ
logo
更新日:2012.10.05

産技センター職員発明特許等の情報 産技センターID : 108

   
出願番号 1998-056214
公開番号 1999-236232
公開年月日 1999年08月31日
出願人 神奈川県、有限会社岸本国際技術研究所
発明者 佐野明彦、藪田和哉
発明の名称 ガラス質発泡体の製造法並びにガラス質発砲体
国際特許分類(IPC) C03B19/16,C03B19/08
概要  ガラス質廃材を原料として、かさ密度1.2g/cm3以下の軽量又は超軽量な土木又は建築、構築用資材として用いるガラス質発泡体とその製造方法です。 ガラス質廃材を粉砕して0.21mm~2.38mmの粒度分布の粗粉砕ガラス粉96%以下と0.21mm未満の粒度分布の微粉砕ガラス粉4%以上とを配合したガラス質配合物に、0.1~3重量%の炭化珪素を添加し、この混合粉を加熱焼成後冷却すことにより、かさ密度1.2g/cm3 以下のガラス質発泡体が製造できるものです。 前記の混合粉に、炭酸塩を添加した場合は、極めて軽量な製品が得られます。
備考  特許3581008号




みなさまのご意見をお聞かせください

  • このページの情報は役に立ちましたか
  •  役に立った    普通   役に立たなかった

  • このページの内容はわかりやすかったですか
  •  分かりやすい   普通   分かりにくい

  • このページの情報は見つけやすかったですか
  •  見つけやすかった 普通   見つけにくかった