産技センター職員の論文情報 登録コード:390 | 神奈川県産業技術センター
ホーム
ページ全体のサイズ
logo
更新日:2012.10.03

産技センター職員の論文情報 登録コード:390

発表論文/書籍 Surface Fractal Parallel Plate Models for Micropore Structures of Active Carbon
著者/共著者 Ryoichi TSUNODA
掲載誌・書名 Journal of Colloid and Interface Science
出版社 Academic Press
出版年月 1996/09
巻−号 182
ページ 306-307
論文情報  活性炭の表面フラクタルなミクロ孔構造を解析するために,2つのモデル – 整列表面フラクタル平行板モデルと無整列表面フラクタル平行板モデル – について検討した。ミクロ孔を構成する孔壁は縮小写像数n(=14,16,…,20)の表面フラクタル面(表面フラクタル次元Ds<2)の集合からなるものとし,この集合から無作為に10枚のフラクタル面を抽出した順番に,一定の間隙(d=0.33535nm)で平行に重ね合わせたものを細孔構造ユニットとした。ここで,フラクタル面を重ね合わせるのに隣接する小さいフラクタル面は,大きい面からはみ出すことができないモデルを整列モデルとし,一定の条件ではみ出すことのできるモデルを無整列モデルとした。この細孔構造ユニットを10万回繰り返し計算し,積算し,間隙幅mdnm(1≦m≦9)のフラクタル面で挟まれた空間を細孔容積とし,細孔幅分布を求めた。その結果,無整列平行板モデルの場合,平均細孔幅は賦活減量率の関数であると同時に,nとDsの関数であらわされ,活性炭の賦活過程を表現しており,このモデルからミクロ孔の構造解析への可能性が見い出された。
備考




みなさまのご意見をお聞かせください

  • このページの情報は役に立ちましたか
  •  役に立った    普通   役に立たなかった

  • このページの内容はわかりやすかったですか
  •  分かりやすい   普通   分かりにくい

  • このページの情報は見つけやすかったですか
  •  見つけやすかった 普通   見つけにくかった