戦略的商品開発支援事業 | 神奈川県産業技術センター
ホーム
ページ全体のサイズ
logo
更新日:2012.08.20

戦略的商品開発支援事業

<平成25年3月末で本事業は終了し、4月から「製品化・事業化支援事業」に引き継がれます>

戦略的商品開発支援事業は、戦略的なマーケティング、ブランディング、デザイン、技術を融合した「経営と技術の総合支援」を実施することにより戦略的商品開発を推し進め、結果、県内中小企業の『売れる商品づくり』に資することを目的としています。

支援内容

開発案件ごとに、当センターと外部専門家(デザイナー、経営コンサルタントなど)による商品開発プロジェクトチームを編成し、「売れる商品づくり」を総合支援します。

  • 戦略的デザイン支援
    商品化コンセプト作成、バリエーション商品設計など、商品化に向けたデザイン面からの支援を行います。
  • 技術支援
    担当職員を決めて技術面の支援を行います。
  • 経営支援
    資金調達、販路開拓、ビジネスプラン作成等の経営面の支援を行います。

□支援期間は、原則、支援対象企業に選定された年度内(平成25年3月31日まで)となります。
□平成24年度は、2企業程度の支援対象選定を予定しています。
□ものづくりに係る試験分析・機器使用料、デザイン設計等の経費は企業の負担となります。

支援対象企業及び選定

(1) 支援対象企業
新製品の開発や自社製品の大幅なグレードアップをめざす県内の中小企業・個人・グループ等で次のいずれかに該当する者。

  • 平成24年度創業期・製品化支援モデル企業
  • かながわスタンダード認定企業
  • 神奈川県産業技術センター各部の推薦を受けた企業
  • 公益財団法人神奈川産業振興センターの推薦を受けた企業

(2) 支援対象企業の選定

提出された申込書、資料に基づき当センター内で審査を行い、6月上旬頃を目途に企業を選定する予定です。
なお、 必要に応じて、企業現場ヒアリングを実施する場合があります。

 

問い合わせ先

神奈川県産業技術センター
技術支援推進部 商品開発支援室 担当:三輪

海老名市下今泉705-1 〒243-0435
TEL(046)236-1500 FAX(046)236-1526
担当 三輪 メールアドレス:miwa@kanagawa-iri.go.jp
■詳細・不明な点については、お気軽にご相談ください。




みなさまのご意見をお聞かせください

  • このページの情報は役に立ちましたか
  •  役に立った    普通   役に立たなかった

  • このページの内容はわかりやすかったですか
  •  分かりやすい   普通   分かりにくい

  • このページの情報は見つけやすかったですか
  •  見つけやすかった 普通   見つけにくかった