神奈川工業技術開発大賞 | 神奈川県産業技術センター
ホーム
ページ全体のサイズ
logo
更新日:2016.10.13

神奈川工業技術開発大賞 RandD Logo

~明日をになう独創技術は神奈川から~ 

 

《第33回神奈川工業技術開発大賞が決定!》 

 

神奈川県と神奈川新聞社は、共催により昭和59年度から毎年度、技術開発の奨励と技術開発力の向上を図ることを目的に、県内の中堅・中小企業が開発した優れた工業技術・製品を表彰しています。

 

<平成28年度の募集は終了しました>

 参考:これまでの受賞技術・製品  

 

 賞の種類

◎ 大賞(2件以内) 特に優れた技術・製品に贈ります

◎ ビジネス賞(2件以内) 企業化の状況が特に優れた技術・製品に贈ります

◎ 奨励賞(3件以内) 優れた技術・製品に贈ります

 ※ 地域環境技術賞は第29回(平成24年度)をもって廃止となりました。

受賞のメリット

◎ 表彰式において表彰状と副賞をお渡しします。

◎ 工業技術見本市「テクニカルショウヨコハマ2017」の県のブースで、受賞技術・製品を展示します (出展費用は県が負担)。

◎ 神奈川工業技術開発大賞のシンボルマークが使用できます。

◎ 神奈川新聞のほか各種広報誌に記事が掲載されます。

募集対象となる技術・製品(以下の全てを満たす必要があります)

(1)おおむね3年以内に開発されたもの

(2)実際に企業化(商品化)されたもの又はその効果が実証されたもの

(3)産業の発展や国民生活の向上に役立つもの

 ※ 応募技術・製品について、訴訟等により係争中であると判明したもの、既に全国規模の類似な表彰を受けたもの、その他主催者が不適当と認めたものは対象から除きます。

※ 原則、工業に関わる技術・製品が対象となります。

応募資格を有する企業・グループ(以下の全てを満たす必要があります)

(1)応募技術・製品の開発を神奈川県内の事業所で行っていること

(2)以下のいずれかに該当すること

    a. 中堅企業 … 資本金が3億円を超え10億円以下の企業

            b. 中小企業 … 従業員数が300人以下又は資本金が3億円以下の企業

            c. 中堅・中小企業で構成されるグループ

※ 1企業(1グループ)で複数応募することも可能です。

表彰の内容(平成28年度)

 
項目 内容
大賞(2件以内) 表彰状、トロフィー「箱根寄木細工」、記念品
ビジネス賞(2件以内) 表彰状、盾「鎌倉彫」、記念品
奨励賞(3件以内) 表彰状、盾「木象嵌」、記念品
 

左から奨励賞盾、大賞トロフィー、ビジネス賞盾 

 

いずれも、神奈川の伝統工芸技術を利用した匠の技による特注品です。 

主催・後援団体

事務局(問い合わせ先)

神奈川県産業技術センター 技術支援推進部 商品開発支援室

〒243-0435 海老名市下今泉705-1

TEL:046-236-1500   FAX :046-236-1525

E-mail:kaihatsu@kanagawa-iri.jp




みなさまのご意見をお聞かせください

  • このページの情報は役に立ちましたか
  •  役に立った    普通   役に立たなかった

  • このページの内容はわかりやすかったですか
  •  分かりやすい   普通   分かりにくい

  • このページの情報は見つけやすかったですか
  •  見つけやすかった 普通   見つけにくかった