沿革

旧神奈川県産業技術センター
昭和4年4月 神奈川県工業試験場(神奈川県工業試験所の前身)設立
昭和24年12月 神奈川県工業試験所設立
平成7年4月 工業試験所、工芸指導所、繊維工業指導所、家具指導センターの4機関を統合し、海老名に産業技術総合研究所として発足。小田原市本町に工芸技術センターを設置
平成8年9月 知的所有権センターとして認定
平成11年4月 小田原市久野に工芸技術センターを移転
平成11年6月 ISO14001審査登録(平成17年6月まで)
平成17年9月 文部科学省科学研究費補助金取扱研究機関に指定
平成18年4月 産業技術センターに改称、併せて工芸技術センターを工芸技術所に改称
平成18年6月 ISO17025認定取得
平成22年4月 商工労働総務課浦島丘駐在事務所(計量検定センター)を産業技術センター計量検定所として再編設置
平成29年4月以降、計量検定所および
工芸技術所は県機関として業務継続
旧神奈川科学技術アカデミー(KAST)
平成元年7月 (財)神奈川科学技術アカデミー(KAST)設立
平成元年8月 (財)神奈川高度技術支援財団(KTF)設立
平成2年2月 KAST 特定公益増進法人の認定
平成2年10月 KAST 科学技術庁(現文部科学省)よりフェローシップ制度に係る外国人研究者受入研究機関の承認
平成2年11月 KAST 文部省(現文部科学省)科学研究費補助金制度による研究機関に指定
平成3年3月 KAST 日本育英会(現(独)日本学生支援機構)の第一種修学資金の返還免除の職を置く研究所の指定
平成8年9月 KTF「神奈川知的所有権センター支部」として認定
平成17年4月 KASTとKTFが統合、新組織として発足
平成17年8月 ISO17025認定取得
平成25年3月 川崎生命科学・環境研究センター(LiSE)に新拠点KAST LiSE Lab.(ライズ ラボ)を開設
平成25年4月 公益財団法人へ移行
平成29年4月

産業技術センターとKASTが統合し「地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所」として発足