神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)メールマガジン 第3号(2017/5/12)

┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

   神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)メールマガジン 第3号(2017/5/12)

                  http://www.kanagawa-iri.jp/ 

  ◆技術上の様々な問題について、職員が相談にお応えします(無料)◆

  https://www.kanagawa-iri.jp/sup_prod_devp/tech_consl/technical_consul/

 

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ☆ 第3号 目次 ☆

  ———————————————————————————————————————–

  ◆1  平成29年度 戦略的研究シーズ育成事業 新規3課題がスタート   

  ———————————————————————————————————————–

  ◆2 平成29年度 有望シーズ展開事業 新規2プロジェクトがスタート

  ———————————————————————————————————————–

  ◆3 平成29年度予算「戦略的基盤技術高度化事業」募集中!

  ———————————————————————————————————————–

  ◆4 ロボット実用化促進補助金-開発プロジェクトを募集します!

     (ロボット実用化促進事業のご案内)

  ———————————————————————————————————————–

  ◆5 TIRIクロスミーティング2017 ~中小企業と技術の出会いの場~

  ———————————————————————————————————————–

  ◆6 <明日をになう独創技術は神奈川から>

         「第34回(平成29年度)神奈川工業技術開発大賞」募集中(再掲)    

  ———————————————————————————————————————–

  ◆7  <デザインの力で生活支援ロボットの商品化を促進します> 

         「生活支援ロボットデザイン支援事業」募集中(再掲)

  ———————————————————————————————————————–

  ◆8  <当研究所が製品化支援・事業化支援の両面からサポートします>

          製品化・事業化支援事業【製品化支援】支援希望企業募集中(再掲) 

  ———————————————————————————————————————–

  ◆9  平成29年度事業化促進研究 公募開始のお知らせ(再掲)

  ———————————————————————————————————————–

  ◆10 「平成29年度 品質管理講習会(基礎課程)」(6/1~9/20)     

  ———————————————————————————————————————–

  ◆11 「平成29年度  第1回 管理・監督者養成講座」(再掲)(5/25、26)

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ◆1 平成29年度 戦略的研究シーズ育成事業 新規3課題がスタート

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   平成29年度「戦略的研究シーズ育成事業」として採択しました以下の3課

  題がスタートしました。

   研究期間はいずれも平成29年4月から平成31年3月までの予定です。

 

 (1)「貼るだけ人工膵臓」の開発 

   研究代表者:松元 亮 (東京医科歯科大学 准教授)

   スマートゲルによる自律型のインスリン供給機構と、マイクロニードル等

  の低侵襲皮下導入技術とを融合した「貼るだけ人工膵臓」を開発し、エレク

  トロニクスフリーで、痛みなく、安く使い捨て可能な方法で、糖尿病治療に

  おけるアンメットメディカルニーズを解決します。

 

 (2)有機超弾性材料の導出

   研究代表者:高見澤 聡 (横浜市立大学 教授)

   新たな応用に繋がる有機超弾性材料の導出をめざし、超弾性を示す有機物

  固体の探査・解析・設計および超弾性特性の制御手法確立を行います。

 

 (3)革新的環境調和機能性材料の創出

   研究代表者:東 正樹 (東京工業大学 教授)

   低消費電力不揮発性メモリ材料につながる強磁性強誘電体や、風や振動か

  ら電気エネルギーを生む圧電発電のための非鉛圧電体、外気温の変化から生

  じる熱歪みを吸収する負熱膨張材料などの、革新的な環境調和機能性材料を

  開発します。

 

  ▼詳しくはこちら

  https://www.kanagawa-iri.jp/bgnrs_gid/pr/pr_list/kast-st17press0425/

  ▼お問い合わせ

  研究開発部 研究支援グループ

  TEL: 044-819-2034 FAX: 044-819-2026 E-mail: res@newkast.or.jp 

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ◆2 平成29年度 有望シーズ展開事業 新規2プロジェクトがスタート

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

   今般、研究成果の即応展開および短期間での実用化を目指した研究プロ

  ジェクト2件が有望シーズ展開事業(4年間、年間6,000~7,000万円規模)

  においてスタートしました。

 

 (1)「革新的高信頼性セラミックス創製」(多々見 純一 横浜国立大学教授)

   ※平成27年度『戦略的研究シーズ育成事業』よりステップアップ

   本プロジェクトでは、我が国のエネルギー政策に資する高機能・高信頼性を

  共に発現する革新的なセラミックス材料および、それらの機械的信頼性に対す

  る特性評価法の開発を目指します。

 

 (2)「腸内細菌叢(さいきんそう)」

  (大野博司 理化学研究所グループディレクター)

   本プロジェクトでは、腸内環境全体の乱れが生活習慣病等の様々な疾患に関

  与することから、腸内細菌叢等の解析データベースの作製や、それらに基づい

  た診断用バイオマーカー探索、機能性食品の開発等を推進します。

 

  ▼詳細はこちら

  https://www.kanagawa-iri.jp/bgnrs_gid/pr/pr_list/kast-hs17press0510/

  ▼お問い合わせ

  研究開発部 研究支援グループ

  TEL: 044-819-2034 FAX: 044-819-2026 E-mail: res@newkast.or.jp

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ◆3 【中小企業庁】

     平成29年度予算「戦略的基盤技術高度化事業」募集中!

     〔公募期間:平成29年4月14日(金)~平成29年6月8日(木)〕

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   平成29年度予算「戦略的基盤技術高度化事業」は、デザイン開発、精密加

  工、立体造形等の特定ものづくり基盤技術(12分野)の向上につながる研究

  開発、その事業化に向けた取組を支援することが目的です。中小企業・小規

  模事業者が大学・公設試等の研究機関等と連携して行う、製品化につながる

  可能性の高い研究開発及びその成果の販路開拓への取組を一貫して支援しま

  す。

 

  ▼詳細はこちら

   http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2017/170414mono.htm

  ▼問い合わせ先

   中小企業庁 経営支援部技術・経営革新課 TEL:03-3501-1816(直通)

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ◆4 【神奈川県産業振興課】

     ロボット実用化促進補助金-開発プロジェクトを募集します!

     (ロボット実用化促進事業のご案内)

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取組の一環として、高い

  ニーズを持つロボットの開発費の一部を補助する「ロボット実用化促進補助

  金」について、開発プロジェクトを募集しています。

 

  ○補助上限額:350万円(補助率:1/3)

  ○採択件数:8件程度

  ○募集期間:平成29年4月24日(月)から5月31日(水)まで

 

  【対象分野】8分野(除く産業用ロボット)

  1)介護・医療 2)高齢者等への生活支援 3)災害対応

  4)インフラ・建設 5)農林水産業 6)交通・流通 7)観光イベント

  8)その他、県民の『いのち』を守ることに資するロボット

 

  ▼制度の詳細については、県ウェブサイトをご覧ください。

   http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f430080/p1128653.html

  ▼問い合わせ先

   神奈川県 産業振興課 技術開発グループ TEL:045-210-5640

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ◆5 【都産技研】

     TIRIクロスミーティング2017 ~中小企業と技術の出会いの場~ 

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

   「TIRIクロスミーティング」は、都産技研がこれまでに実施した研究成果

  や連携機関等が保有する技術シーズなどを発表し、中小企業との技術マッチ

  ングの促進をはかるイベントです。技術開発や製品開発のヒントとなる幅広

  い分野の口頭発表に加え、成長産業の技術動向や市場ニーズを解説する特別

  プログラムを行います。関連設備の見学会も開催します。

 

  ○開催日時:平成29年6月8日(木)、9日(金) 10:00~16:30

  ○開催場所:本部(江東区青海2-4-10)

  ○参 加 費:無料

  ○参加方法:一部事前予約制

 

  ▼詳しくはこちら ⇒ http://www.tosangiken-seika.jp/

  ▼お問い合わせ⇒都産技研 広報室 TEL 03-5530-2521

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ◆6 「第34回(平成29年度)神奈川工業技術開発大賞」募集中(再掲)

     〔応募期間:4/3(月)~5/16(火) 17時必着〕

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   神奈川県と神奈川新聞社は、共催により昭和59年度から毎年度、技術開発

  の奨励と技術開発力の向上を図ることを目的に、県内の中堅・中小企業が開

  発した優れた工業技術・製品を表彰しています。

      神奈川県では、現在、第34回(平成29年度)の募集を受け付けています!

 

  <受賞時のメリット>

  ・表彰式において表彰状と副賞をお渡しします。

  ・県内最大級の工業見本市である「テクニカルショウヨコハマ2018」の県の

   ブースで、受賞技術・製品を展示します(出展費用は県が負担)。

  ・神奈川工業技術開発大賞のシンボルマークが使用できます。

  ・各種広報誌に記事が載ります。

 

  ▼詳しくは、神奈川県のホームページをご覧ください。

   http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f536264/

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ◆7 デザイン支援を希望する支援対象テーマ募集中(4/24(月)~5/15(月))

    「生活支援ロボットデザイン支援事業」募集のお知らせ(再掲) 

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   神奈川県では、「さがみロボット産業特区」において、生活支援ロボット

  の開発・普及を支援しています。

   そこで、KISTECでは、開発中の生活支援ロボットへ、専門家による総合的

  なデザイン支援を行うことで、ユーザー視点に立った商品開発の実現ととも

  に、その商品化に向けた開発期間の短縮を図るため、今回、デザイン支援を

  希望する支援対象テーマ(ロボットデザインテーマ)の募集を行います。

   ぜひ奮ってご応募ください!

 

   ▼募集の詳細はこちら

   http://www.kanagawa-iri.jp/sup_comm/prod_devl_sup/robot-design_2017/

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ◆8 「製品化・事業化支援事業【製品化支援】」募集中(再掲)

     〔申込締切:6/2(金)〕          

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   研究開発的要素を有するものづくり分野を対象に、県内に事業所を有し、

  新製品の開発や商品化を目指す中小企業者を、技術支援・事業化支援の両面

  からサポートします。

 

  ○支援開始は、今年8月予定で、終了は平成30年3月末です。

  ○支援課題は、年度毎の申込みにより審査され、採択決定されます。

  ○支援期間は、最長3年間です。過去に、創業期・製品化支援モデル事業で

      採択されたテーマで今回応募された場合は、過去の支援年数が既に経過し

      たものとして支援期間に加算します。

 

  <募集区分・募集件数>

   通所課題:8件

 

  ▼詳しくは、以下のwebサイトをご覧ください。

   https://www.kanagawa-iri.jp/sup_comm/2017_seihinkasien_1/

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ◆9 平成29年度事業化促進研究 公募開始のお知らせ(再掲) 

     〔5/26(金)締切〕

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   新法人発足を機に、新しい支援事業を開始します。

   研究費総額の1/2かつ300万円を上限として産技総研の理事長が決定した研

  究費を産技総研が負担し、共同で研究を実施する事業です(採択件数7件以内)。

   開発ニーズを有する法人と研究シーズを有する法人を含む、2以上の法人で

  構成するコンソーシアムを対象としております。ぜひご申請下さい。

 

   ▼詳しくは、こちら

      https://www.kanagawa-iri.jp/r_and_d/cmcl/jigyoka_sokushin/ 

 

 ☆★————————————————————-☆★

   以下の講座は、従来、旧 神奈川県産業技術交流協会主催で開催していた

  講座です。平成29年度より当所(神奈川県立産業技術総合研究所)の主催

  で開催します。

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ◆10 「平成29年度 品質管理講習会(基礎課程)」                                 

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  日時:平成29年6月1日(木)~9月20日(水)全15日間

  10:00~17:00 

  受講料:有料

   http://www.koryu-kanagawa.com/?page=page3

 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ◆11 「平成29年度  第1回 管理・監督者養成講座」(再掲)                       

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  日時:平成29年5月25日(木)、26日(金)9:45~16:45 2日間

  受講料:有料

   http://www.koryu-kanagawa.com/?page=page26

 

┏ ★☆ 配信案内 ☆★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ◆ このメールマガジンは、当所開催の各種行事等に参加された際や当所HP

   等から配信申込をいただいたお客様にお送りしています。

 ◆ MSゴシック等の等幅フォントにて最適にご覧いただけます。

 ◆ 新規登録、送付先変更及び配信停止は、下記にアクセスしてください。

   https://www.kanagawa-iri.jp/mailmag_add/

 ◆ このメールマガジンに返信はできません。

 

 ◇発行:(地独)神奈川県立産業技術総合研究所

   海老名本所 〒243-0435 海老名市下今泉705-1 TEL: 046-236-1500

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛