神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)メールマガジン 第19号(2017/12/11)

 ┏◇*◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)メールマガジン 第19号(2017/12/11)
                  https://www.kanagawa-iri.jp/ 
  ◆技術上の様々な問題について、職員が相談にお応えします(無料)◆
  https://www.kanagawa-iri.jp/sup_prod_devp/tech_consl/technical_consul/
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆*◇┛
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ☆ 第19号 目次 ☆
  ——————————————————————–
  ◆1 ≪参加者募集中≫ 平成30年1月24日(水)開催
     「ものづくり中小企業の経営に活かすIoT特許の取得術と活用法」
  ——————————————————————–
  ◆2 【知的財産研究教育財団】 ≪申込受付中!≫
     平成30年3月11日(日)実施 国家試験「知的財産管理技能検定」
     ~中小企業の知財経営に貢献する知的財産管理技能士~
  ——————————————————————–
  ◆3 (再掲)神奈川R&D推進協議会技術マッチング2017
     ~参加企業募集のご案内~
  ——————————————————————–
  ◆4 【(一社)新技術協会】
     国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)『新技術説明会』
     12月後半開催のご案内(会場:東京・市ヶ谷)
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◆1 ≪参加者募集中≫ 平成30年1月24日(水)開催
     「ものづくり中小企業の経営に活かすIoT特許の取得術と活用法」
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ものづくり中小企業がIoT市場において優位性を確保するためには、早い段
  階で強いIoT特許を取得することが必要です。しかし、IoT技術は従来技術と
  重複する部分が多いため特許の取得が困難です。そこで渡部仁氏(将星国際
  特許事務所 所長弁理士)が「IoT特許の取得術」「市場規模とシェア拡大の
  ための特許の活用法」について解説します。セミナー後にはKISTEC職員によ
  る各種相談対応もあります。参加費は無料ですので、ぜひご参加ください。
  日 時:平成30年1月24日(水)14:00~16:45
  場 所:大田区産業プラザPiO 特別会議室
  ▼詳細はこちら
   https://www.kanagawa-iri.jp/topics/ip-iot0124/
  ▼お問い合わせ  
   企画情報連携部 経営戦略課
   TEL:046-236-1500

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◆2 【知的財産研究教育財団】 ≪申込受付中!≫
     平成30年3月11日(日)実施 国家試験「知的財産管理技能検定」
     ~中小企業の知財経営に貢献する知的財産管理技能士~ 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   急速な環境変化の中で、中小企業が競争力を高めていくためには、自社の
  事業特性に応じた知財経営がますます重要になってきています。
   中小企業においては、必ずしも社内に知財専門部署がないこともあります
  が、開発部、営業部、総務部など各部署の人材が知財スキルを保有すること
  によって、会社全体で知財経営を実現するという方法があります。
    「知的財産管理技能検定」をうまく活用して、自社のリソースに合った知財
  経営を実践してみませんか。
  知的財産管理技能士―「知的財産推進計画2017」の中で
  日本政府も取得を奨励している、今、注目の資格です!
  ▼詳細はこちら
   http://www.kentei-info-ip-edu.org/ 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◆3 (再掲)神奈川R&D推進協議会技術マッチング2017
     ~参加企業募集のご案内~
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   神奈川県と23機関で構成している「神奈川R&D推進協議会」では、中小
  企業のオンリーワン技術を協議会所属の大手企業に紹介するマッチングの取
  組みを行っております。
   今回参加する大手企業に技術提案を行いたい企業様は、この機会にご参加
  いただき、オンリーワン技術のPRの場としてご活用ください。
   皆様のご参加をお待ちしています。
  技術提案締切 平成30年1月5日(金)
  ※提案書にアドバイスを希望される場合は締切が早まります。
  ◆技術提案先企業
   アルバック、キヤノン、ソニー、富士ゼロックス
  ▼詳細はこちら
   https://www.kanagawa-iri.jp/collaboration/matching2017/
  ▼お問い合わせ  
   企画情報連携部 連携広報課
   TEL:046-236-1500 FAX:046-236-1526 
   E-Mail:innovation@kanagawa-iri.jp
 
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◆4 【(一社)新技術協会】
     国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)『新技術説明会』
     12月後半開催のご案内(会場:東京・市ヶ谷)
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ◎12月14日(木)9:55~15:55 ライフサイエンス 新技術説明会
    ~医療系大学~
    https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/igakubu/2017_igakubu.html
   ◎12月19日(火)9:55~11:55 新潟大学 新技術説明会
    https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/niigata-u/2017_niigata-u.html
   ◎12月19日(火)13:30~15:55 山梨大学 新技術説明会
    https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/yamanashi/2017_yamanashi.html
   ◎12月21日(木)10:25~15:55 JST戦略的創造研究推進事業 新技術説明会
    ~グリーン・ナノテクノロジー~
    https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/kisoken/2017_kisoken1.html
   ※詳細・お申し込みは各URLよりお願いいたします。
  ▼お問い合わせ
   JST産学連携展開部 産学連携プロモーショングループ
   TEL:03-5214-7519  E-Mail:scett@jst.go.jp

 ┏ ★☆ 配信案内 ☆★ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆ このメールマガジンは、当所開催の各種行事等に参加された際や当所HP
   等から配信申込をいただいたお客様にお送りしています。
  ◆ MSゴシック等の等幅フォントにて最適にご覧いただけます。
  ◆ 新規登録、送付先変更及び配信停止は、下記にアクセスしてください。
    https://www.kanagawa-iri.jp/mailmag_add/
  ◆ このメールマガジンに返信はできません。
  ◇発行:(地独)神奈川県立産業技術総合研究所
    海老名本部 〒243-0435 海老名市下今泉705-1 TEL: 046-236-1500
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛