「分析技術フォーラム RoHS指令を中心とした環境負荷物質規制と分析技術」11月8日(水)

<当フォーラムは、「神奈川県ものづくり技術交流会」で開催します。>

 

時下、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。また、日頃から当研究所の事業にご協力いただき感謝申しあげます。

当研究所では産学公の研究者、技術者等の交流と技術移転等を積極的に推進するため、技術交流フォーラムを開催しております。

このたび、「RoHS指令を中心とした環境負荷物質規制と分析技術」と題した分析技術フォーラムを開催する運びになりましたので、次のとおりご案内させていただきます。

近年、グローバル化する企業活動において、ヨーロッパにおけるREACH規則やRoHS指令、国内の化学物質審査規制法など、環境規制やグリーン調達に関連する多くの取り組むべき課題があり、対応が求められています。RoHS指令等の環境規制に関する近年の動向やRoHS指令にかかわる分析事例についてご紹介します。また、新規導入装置をはじめとした当所の元素分析技術についてもご説明させていただきます。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

 

開催要領

■日時

2017年11月 8日(水曜日) 13:501630

■場所

神奈川県立産業技術総合研究所(海老名市下今泉705-1

■募集人数

60名 (定員となり次第締切、参加費無料)

■申込方法

事前参加申し込みは終了いたしました。
 ※当日の参加申込みも可能です。受付で名刺2枚をご用意ください。

■問合先

・神奈川県ものづくり技術交流会、及び、参加申込に関しては、

神奈川県ものづくり技術交流会 事務局 

企画情報連携部 連携広報課 石川、松本

 電話:0462361500 電子メール:koryukai29@kanagawa-iri.jp

・フォーラムの開催内容に関しては、

化学技術部化学評価グループ 坂尾、城田

 電子メール:f-hyoka@kanagawa-iri.jp

 

  

 

開催内容

13:50~14:00   開会挨拶

14:00~15:00 「RoHSなどの有害物質規制の最新動向とXRF分析事例」

                                                          株式会社 堀場製作所                  坂東 篤

15:00~15:30  休憩 (希望者のみ見学会)

15:30~16:00 「当所でのRoHS分析にかかわる支援事例」

                                                          化学技術部                                    坂尾 昇治

16:00~16:15 「当所での元素分析技術

                ~新規導入装置(炭素・硫黄分析装置及びCHN元素分析装置の紹介)」

                                                          化学技術部                                    城田 はまな