「表面硬化部材の力学と物性」フォーラム -社会基盤材料の長寿命化を目指して- 11月10日(金)

時下、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。また、日頃から当研究所の事業にご協力いただき感謝申しあげます。

さて、当研究所では、11月8日(水)~10日(金)の3日間にわたって、毎年恒例となりした「神奈川県ものづくり技術交流会」を開催します。この「ものづくり技術交流会」開催期間中の11月10日(金)午後に『表面硬化部材の力学と物性』フォーラムを開催します。このフォーラムは横浜国立大学が運営し当研究所も参画している「表面硬化部材の疲労損傷研究部会」(主査 梅澤 修教授)との共催です。本研究部会は浸炭焼入れや窒化処理などの表面硬化部材の疲労損傷機構を材料学に基づく理解と結びつけて理解し、機械部品等の高強度化、長寿命化を目指そうとする産学公連携によるオープンイノベーション活動です。本研究部会に関わる研究者の方々を中心に研究部会の成果ならびに関連技術に関するご講演を頂きます。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

開催要領

■名称

「表面硬化部材の力学と物性」フォーラム 社会基盤材料の長寿命化を目指して-

■共催

横浜国立大学「表面硬化部材の疲労損傷研究部会」(主査 梅澤 修 教授)

■日時

2017年11月10日(金) 13:00~17:30

■場所

神奈川県立産業技術総合研究所(海老名市下今泉705-1) F会場 実験棟5階研修室

■募集人数

80名 (定員となり次第締切、参加費無料)

■申込方法

事前参加申し込みは終了いたしました。
 ※当日の参加申込みも可能です。受付で名刺2枚をご用意ください。

■問合先

・神奈川県ものづくり技術交流会、及び、参加申込に関しては、

神奈川県ものづくり技術交流会 事務局 

企画情報連携部部 連携広報課 石川、松本

 電話:0462361500 電子メール:koryukai29@kanagawa-iri.jp

・フォーラムの開催内容に関しては、

機械・材料技術部 材料物性グループ 高木眞一

 電話:0462361500  電子メール:stakagi@kanagawa-iri.jp

開催内容

「表面硬化部材の力学と物性」フォーラム (13:0017:30)              司会 高木 眞一      

―社会基盤材料の長寿命化を目指して―                                                                                                                                                       

◇ 開会挨拶                          神奈川県立産業技術総合研究所                                                                                                               

13:0513:55                                                                                                        

■ 基調講演 接触応力による疲労について                                            富山大学 木田 勝之          

接触によって疲労損傷が起こる機械要素の代表として軸受とローラーを考え、その寿命評価の歴史の概略を説明する。また、接触によって発生する力学場の役割と損傷評価への可能性について説明する。また、最近提案されることの多い損傷力学で使われているパラメータについても述べる。

                                                                                                 

13551445                                                                                                   

■ 基調講演 マイクロカンチレバー法による部材局所領域の破壊特性評価        

                                                                               研究開発部(横浜国立大学)  多々見 純一

部材中の局所領域にFIB法によりマイクロカンチレバーを作製し、これを破壊試験することで強度や破壊靱性などの破壊特性を評価した。ガラスやセラミックス、コーティングや表面改質金属などについて報告する。

                                                                                                 

15:1515:45                                                                                                        

■ 表面硬化部材の疲労損傷研究部会:活動概要について                              横浜国立大学 梅澤 修

機械構造用鋼の疲労損傷については、旧来より多くの研究開発があるが、材料学に基づく理解と結びつけた議論を深めることも重要である。き裂の無害化、窒化化合物層の影響、転がり疲労やピッチング損傷を取り上げ、研究部会の活動状況について報告する。

                                                                                                 

15:4516:15                                                                                                        

■ 窒化鋼材の疲労強度特性について                                              機械・材料技術部 高木 眞一

窒化ポテンシャル制御を用いた窒化処理により、表面化合物層の結晶構造を制御した各種鋼材の、疲労強度特性に及ぼす表面化合物層の影響について調査した結果を報告する。   

                                                                                       

161516:45                                                                                                     

■ ショットピーニングによる鋼のねじり疲労限度向上とき裂状表面欠陥の無害化                        

                                       横浜国立大学 高橋 宏治

き裂状の表面欠陥を有するばね鋼にショットピーニングを行った後、ねじり疲労試験を行った。ねじり疲労に及ぼす欠陥寸法の影響および、ショットピーニングにより疲労限度上無害化可能な欠陥寸法を明らかにした。     

                                                                                         

164517:15                                                                                                     

■ デジタル画像相関法を用いた疲労き裂部のひずみ分布の可視化         横浜国立大学 古賀 紀光

デジタル画像相関法は変形前後のデジタル画像からひずみを算出する手法であり、金属組織とひずみ分布の対応関係を理解する上で有効な手法である。本講演ではデジタル画像相関法の基本原理とレプリカ法を併用した疲労き裂部のひずみ分布の可視化について報告する。             

                                                                                   

◇ 交流懇親会(希望者のみ) 17:30~18:30