人工細胞膜システムグループ常勤研究員募集のお知らせ

募集人数

1名

勤務形態

常勤研究員(裁量労働制、任期あり)

研究内容

 人工細胞膜システムグループでは、微細加工技術を基盤としながら、工学・理学・生物学・医学・薬学など、異なる分野の研究者が集い、それぞれの専門性を生かせる環境で、生体模倣センサ、創薬支援技術、医療デバイスなどの研究や開発を推進しています。その中で、当研究チームは、嗅覚受容体を利用した匂いセンサの研究開発(※1)や、イオンチャネル創薬のためのスクリーニング技術の実用化研究(※2)、あるいはボトムアップ型の人工細胞創成といった研究テーマに注力しています。
本公募では、特に、膜タンパク質精製に関わるタンパク質工学あるいはその機能計測のための電気生理学を専門とし、上記テーマを主体的に推進できる研究者を募集します。


※1 NEDO次世代人工知能・ロボット中核技術開発の受託事業
http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/utokyo-research/research-news/sensor-detects-odor-from-human-sweat-using-mosquito-membrane-protein.html
※2 研究室紹介リンク
https://www.kanagawa-iri.jp/r_and_d/project_res/labo_intro/takeuchi_project/

業務内容

昆虫嗅覚受容体を利用した生体模倣型の匂いセンサの研究と開発。または、イオンチャネル創薬のためのスクリーニング技術の実用化研究。生命科学、分析化学、機械工学などを専門とする学際的研究チームに所属し、次世代の匂いセンサや創薬支援技術創出のための研究・開発を行います。

研究分野

生物学(全て)、複合領域(生体分子科学)、総合理工(ナノ・マイクロ科学)

応募資格

着任時に博士の学位を有し、もしくは博士の学位を取得見込みであり、下記のいずれかに精通した知識、経験を持つ者


①膜タンパク質を対象としたタンパク質工学
②電気生理学
③バイオセンサ

着任時期

2018年9月以降できるだけ早い時期

勤務場所

人工細胞膜システムグループ

213-0012

神奈川県川崎市高津区坂戸三丁目2番1号 かながわサイエンスパーク東棟3階

アクセス:東急田園都市線「溝の口」、

     またはJR南部線「武蔵溝ノ口」より無料シャトルバスが常時運行

    (バス乗車5分程度、徒歩15分程度)

待遇

給与 :法人規程による
手当 :通勤手当
その他:健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険等完備
 

休日等

週休2日制(土・日)、祝日、夏季休暇、年末年始 その他年次有給休暇あり

 

応募締切

2018年7月31日(火)必着

※ただし、適任者が決定次第、締め切らせていただきます。

提出書類

下記の書類をE-mailまたは郵送にて送付してください

1.履歴書
2.研究業績リスト
3.これまでの研究概要
4.推薦者1名の連絡先

※応募書類は返却しませんので、ご了承ください。なお、個人情報は選考目的以外には使用せず、審査終了後、当法人にて責任を持って処理いたします。

選考方法

書類選考後、面接を実施いたします。

※面接日程については、後日連絡します。

※面接に係る交通費、宿泊費は応募者の負担とします。

書類送付先・問合せ先

(書類送付先)

<郵送>

  〒213-0012 

  神奈川県川崎市高津区坂戸三丁目2番1号 かながわサイエンスパーク西棟614

  地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所

  研究開発部 研究支援課 担当:小林、山本

<E-mail>

      sks*newkast.or.jp(*を@に変えてください)

 

(問合せ先)

  電 話:044-819-2031

  E-mail:sks*newkast.or.jp(*を@に変えてください)