「ヘルスケア・イノベーションの本質をとらえる~ 『最先端』に惑わされない研究開発と地域社会構築のために」

本講座のねらい

 医療サービスを受けることは、服を買ったり外食したりすることとは根本的に異なります。買い手(患者)は売り手(医療者側)に比べ、医療の知識が圧倒的に乏しく、受け身とならざるを得ないからです。だからこそ、国は医療者側に対していくつもの規制を全国一律に設け、医療水準の向上と均一化を同時に進めました。結果、日本は世界で最も医療へのアクセスが容易な国のひとつとなり、世界最長の平均寿命を手にしました。

 国民皆保険制度の普及期に、起こりうるリスクを想定し回避するために設計された規制は、近年、遠隔医療や混合医療などの議論に促される形で見直しが進み、「国家戦略特区」での部分的な規制緩和が試行されはじめています。国やファンドによる新規参入支援が充実し、医療とは関係の無かった異分野・異業種による新たな提案や製品開発も盛んです。しかし、例えば医療機器分野では先端技術を駆使した「試作品」は次々と生まれるのですが、その先がなかなか続きません。

 本セミナーでは『その先』へ進むために、IoTもAIもデジタルもないシンプルな4つの事例を紹介します。身近にあるものを独自の視点で再構築し、現状を乗り越えるそれぞれの取り組みから、イノベーションをつかみとるヒントを探ります。最終回にはスウェーデン終末医療を題材に、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となる2025年問題を念頭に技術の関わり方や地域のあり方を議論します。

 『次世代ヘルスケア』のイメージをともに描き、共有するために、広く受講者を募ります。医療従事者や医療産業に関わるエンジニア、学生、行政関係者のみならず、川崎周辺の地域住民の方の積極的な参加を期待しています。

日 程 2017年11月28日(火)、12月6日(水)、12月11日(月)、
2018年1月15日(月)、1月22日(月)  〔計5日〕

お申込み・詳細はこちらをクリックしてください。 
(※慶應義塾大学Tonomachiリサーチコンプレックスのサイトに飛びます)

ー終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。-