医学の「常識」に挑んだ医療機器開発~ろ過技術の難治性腹水治療への応用~

    本セミナーはKISTECと東京都医工連携HUB機構が合同で開催いたします。

    日時

    10月29日(月)13:30~16:40

    会場

    日本橋ライフサイエンスハブ「COREDO室町3」8階 A会議室(東京都中央区日本橋室町1-5-5)

    定員

    120名

    受講料

    無料

    本講座のねらい

     がん患者には、がん性の腹膜炎に伴い、過剰な水分が腹腔にたまり、肺の圧迫による呼吸機能障害、消化管の圧迫による食欲低下に苦しんでいる方がいます。現在の医療では、「がん性腹水を抜くと患者が弱る」という定説があり、患者は我慢を強いられています。
     要町病院 腹水治療センター長 松崎 圭祐 先生は、この定説に疑問を持ち、科学的な検証を重ね、腹水ろ過濃縮再静注システム「KM-CART」を開発しました。医療従事者からみた医療機器産業の実情と開発エピソードをお話いただきます。北里大学医療衛生学部医療工学科 准教授 小久保 謙一 先生からは血液浄化技術の基礎を説明いただき、医工学の観点から「KM-CART」への理解を深めます。臨床現場から生まれたイノベーションの事例を学ぶ機会として是非ご参加ください。

    プログラム

    時間

    講座内容

    13:30-13:40

    事業紹介
     東京都医工連携HUB機構
     地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所

    13:40-15:10

    基調講演
     「KM-CART(改良型腹水濾過濃縮再静注システム)の開発から
      オーダーメイドがん治療への活用 ~ 医療に必要な医工産学連携とは ~」

    松崎 圭祐 氏   要町病院 腹水治療センター長

    (ご経歴)
    1981年広島大学医学部卒、医学博士。同 消化器外科入局。
    1982年高知医科大学心臓外科入局。
    財団法人防府消化器病センター 外科部長・理事を経て、
    2011年要町病院腹水治療センター長就任。
    高知大学医学部臨床教授、CART研究会世話人(事務局長)。

    外科認定医、専門医。消化器病専門医、指導医。
    消化器外科認定医、専門医、指導医。

    2016年より、産学官共同創薬研究プロジェクト(GAPFREE) に参画。(研究開発課題名:多層的オミックス解析による、がん、精神疾患、腎疾患を対象とした医療技術開発。分担研究開発課題名:臨床試料に基づくがん免疫療法剤の評価システムの構築とその応用)

    15:20-16:00

    講演
     「血液浄化技術の基礎とKM-CARTの技術的検証を踏まえた期待」

    小久保 謙一 氏  北里大学医療衛生学部医療工学科 准教授

    (ご経歴)
    1996年早稲田大学大学院理工学研究科修了、博士(工学)。
    同大理工学部応用化学科助手、新潟大学大学院自然科学研究科 助手、
    北里大学医療衛生学部医療工学科臨床工学専攻 専任講師を経て、
    2012年に同 准教授。

    日本血液浄化技術学会(理事、学術委員長)、日本人工臓器学会(評議員)など。

    16:00-16:40

    総合討論/質疑応答

    [モデレーター]
    谷下 一夫 氏 一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ 副理事長
    柏野 聡彦 氏 東京都医工連携HUB機構 プロジェクトマネージャー

    お申込みはこちら

     お申込み・詳細はこちらをクリックしてください。
    (※東京都医工連携HUB機構のサイトに飛びます)

     

    パンフレットはこちら(829KB)