KISTEC Innovation Hub 2019

産学公の交流の場

開催概要

Innovation Hubとは、企業・大学・当研究所をはじめとする公設試験研究機関等で得られた研究・業務成果をご紹介し、研究者・技術者等の交流・技術連携を促し、中小企業の新製品開発、技術力の高度化・研究開発力の向上につなげていただくための場として開催しています。2019年度は海老名本部 と 溝の口支所(「新川崎・創造のもり」KBIC・NANOBIC・AIRBIC を含む)の2拠点で開催します。 今年度も多数のフォーラム、見学ツアーなどを企画しておりますので、ぜひご参加ください。

会期・会場

海老名会場

会期
2019年 10月30日/10月31日/11月1日

会場
(地独)神奈川県立産業技術総合研究所  海老名本部


参加費・登録
要事前登録(無料)
*一部フォーラムの懇親会は有料です
溝の口会場 

溝の口会場webサイトはこちらから
Innovation Hub in Mizonokuchi

会期

2019年 11月7日

会場
かながわサイエンスパーク 西棟3階ホール
「新川崎・創造のもり」KBIC・NANOBIC・AIRBIC

参加費・登録
要事前登録(無料)
*意見交換会は有料です

各会場リーフレット

海老名会場リーフレット

クリックするとPDFが表示されます
溝の口会場リーフレット


クリックするとPDFが表示されます

海老名会場プログラム冊子PDF

海老名会場リーフレット

クリックするとPDFが表示されます

主催

地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所

後援機関・団体

神奈川県、神奈川R&D推進協議会、海老名市、(公財)神奈川産業振興センター、(株)日本政策金融公庫 横浜支店、神奈川県信用保証協会、(株)きらぼし銀行、(一社)首都圏産業活性化協会、(株)ケイエスピー、(公財)横浜企業経営支援財団、(公財)川崎市産業振興財団、(公財)相模原市産業振興財団、横浜信用金庫、かながわ信用金庫、湘南信用金庫、川崎信用金庫、平塚信用金庫、さがみ信用金庫、中栄信用金庫、中南信用金庫

プログラム

ポスター発表

10月30日(水)↓
10月31日(木)↓
11月01日(金)↓

*海老名会場での開催です。10月1日に詳細を公開の予定です。

Innovation Hub in EBINA Day1 10月30日(水)

各フォーラムのタイトルをクリックすると、詳細ページに移動します。

10月30日 13:00~16:30 A会場
IoTフォーラム

IoT・AI・人工知能に関連する講演および研究発表フォーラムを開催した後に、所内のIoT 関連の取り組みを見学していただきます。その後、20名様に体験学習として、簡単なIoT機器の実習を行っていただきます。体験学習は見学も可能です。
 10月30日 13:00~17:15 B会場
デザイン・機械設計フォーラム

商品開発に欠かせないデザインと機械設計をテーマに、基調講演に加え、KISTECの研究開発や各種取り組みについてご紹介します。UXデザインの活用や事例、3Dプリンターの最新動向や解析技術などデジタルものづくりに関して企業からもご講演いただきます。
 10月30日 13:00~17:15 C会場
高周波及び電子応用技術 「エレクトロニクスフォーラム~EMC・ノイズ対策技術~」

 EMC試験におけるノイズ対策の勘どころを実際のノイズ対策部品の使用例をまじえて解説します。研究・技術情報発表、支援事例紹介では、KISTEC 職員による研究開発や支援事例について発表します。
 10月30日 13:00~14:30 F会場
【第1部】「さがみロボット特区」マッチングフォーラム

神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取り組みの一環として、企業のロボット関連産業への参入支援を行っています。第1部では、専門コーディネーターがロボット産業への参入や、参入に向けたパートナー探しをお手伝いします。
 10月30日 14:45~17:20 F会場
【第2部】「さがみロボット特区」ロボット研究会フォーラム

神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取り組みの一環として、企業のロボット関連産業への参入支援を行っています。第2 部では、少子高齢化や労働力不足等の社会的課題に対応するため、生活支援等の非工業分野におけるロボット技術活用の必要性が高まっていることから、研究開発と同様に重要となる生活支援ロボットの普及やビジネス化に向けた先進的な取り組みについてご紹介します。
 10月30日 10:00~13:00 ポスター会場(中2階ホール)
ポスター発表1日目 | IoTとロボット関連の研究及び技術開発 

1日目は「IoTとロボット関連の研究及び技術開発」をテーマにポスター会場(中2階ホール)にて大学院生やKISTEC職員によるポスター発表を行います。
ポスターの展示時間は10:00~13:00で、コアタイム(11:30~13:00)には発表者との質疑応答ができます。
学生の発表者についてはプレゼン会場にてショートプレゼン(5分/1人)も行います。プログラムの各プレゼンの開始時刻をご確認ください。

Innovation Hub in EBINA Day2 10月31日(木)

各フォーラムをクリックすると、詳細ページに移動します。

 10月31日 10:00~12:00 A会場
塑性加工技術フォーラム 「CAE シミュレーション技術の活用」

CAEは、製品の開発期間の短縮、効率化、コストダウンのためのツールとして様々な分野で活用されています。今回、塑性加工の有限要素(FEM)シミュレーションによる評価技術を中心に活用事例を紹介し、ものづくりの課題解決へ役立てていただきます。
 10月31日 10:00~12:00 D会場
ナノ・微粒子フォーラム

ナノから微細サイズ領域(~1マイクロメートルまで)の粒子を対象としたフォーラムです。粒度計測機器メーカーや、超遠心およびスラリーの濃縮機器のメーカー様から最新技術の紹介をしていただくとともに、当所で新しく開発した色材の発表をいたします。
 10月31日 13:00~16:15 A会場
プロジェクト研究 機能性材料フォーラム

 KISTECプロジェクト研究プロジェクト研究の中で、「機能性材料」にフォーカスした研究テーマに関して最新の成果発表を行ないます。
 10月31日 13:00~15:45 B会場
抗菌技術フォーラム

日本発の技術である抗菌技術は、安全衛生に関心の高い介護医療や食品分野にとどまらず、一般家庭にも関連製品が広がっています。本フォーラムでは関西大学の伊藤教授をお招きし、バイオミメティック抗菌材についてご講演いただくほか、県内企業様に抗菌材料や抗菌評価技術についてご紹介いただきます。
 10月31日 13:00~16:00 C会場
トライボロジー技術フォーラム

環境への配慮を重視する思想が産業全般に広がる昨今、トライボロジー技術においても性能向上を図りつつ環境に配慮した技法の提案が活発に行われています。本フォーラムでは産業を支えるトライボロジー技術の現在の動向と今後の展望について紹介します。
 10月31日 14:00~17:00 D会場
生活工学フォーラム

繊維と木質に関する事例紹介と、鹿児島県の火砕流堆積物「シラス」を使った製品開発事例をご紹介します。共立女子大学の藤田教授にマーケティング戦略の特徴とブランドパワーの評価方法についてご講演いただきます。フォーラム終了後には見学ツアーを開催します。
 10月31日 15:00~17:00 E会場
 事業化促進フォーラム ビジネスを円滑に進める- 知っておきたい技術契約のポイント-

契約と法律(知的財産権)はどう関係するか、契約書を構成する内容には決まりがあるのか、各種技術契約におけるポイントは何か等の技術契約の基礎的な知識を分かりやすく解説します。
 10月31日 13:00~17:40 F会場
ファブラボ・フォーラム

3Dプリンターなどの各種工具を揃え、誰でも使える「ものづくり工房」がファブラボです。今回はものづくりを支援する秋葉原DMM.make AKIBA 総支配人の橋場氏と、3D-CAD のFusion 360 のエヴァンジェリスト藤村氏が登壇します。また、周辺拠点の紹介と、各拠点ユーザーの発表も予定しています。
 10月31日 10:00~13:00 ポスター会場(中2階ホール)
ポスター発表2日目 | 製品・材料の分析・評価に関する研究及び技術開発

2日目は「製品・材料の分析・評価に関する研究及び技術開発」をテーマにポスター会場(中2階ホール)にて大学院生やKISTEC職員によるポスター発表を行います。
ポスターの展示時間は10:00~13:00で、コアタイム(11:30~13:00)には発表者との質疑応答ができます。
学生の発表者についてはプレゼン会場にてショートプレゼン(5分/1人)も行います。プログラムの各プレゼンの開始時刻をご確認ください。

Innovation Hub in EBINA Day3 11月01日(金)

各フォーラムをクリックすると、詳細ページに移動します。

 11月01日 10:00~12:00 A会場
知的財産セミナー

日本弁理士会関東会及びKISTECは中小企業の皆様を対象として知財セミナーを開催しています。今回は、強い特許を取るための考え方、明細書のチェックポイントや弁理士の活用方法等を例を挙げて解説します。
 11月01日 10:00~12:00 B会場
標準化を活用した製品普及と安全管理セミナー

ビジネスツールとして標準化の活用に関する紹介と、JIS Z 7252(GHSに基づく化学品の分類方法)およびJIS Z 7253(GHSに基づく化学品の危険有害性情報の伝達方法)に関連した講演を行います。
 11月01日 10:00~12:00 D会場
マシニングセンタによる加工技術フォーラム

複雑形状を高能率・高精度に加工できる5軸加工が注目されています。本フォーラムでは、株式会社クライムエヌシーデー高橋啓太氏に5軸制御マシニングセンタの高度な活用事例を、大昭和精機株式会社岩村卓氏に各種ツーリングの最新動向をご紹介いただきます。
 11月01日 13:00~17:00 A会場

太陽電池フォーラム

次世代太陽電池に関する基調講演や、計測機関としてのKISTECの取り組み、協力企業による太陽電池関連の展示を行います。宇宙用途やIoTでの高付加価値分野、生活の中での新しいエネルギー利活用を目指した商品化などについて企業様からご講演を頂きます。
 11月01日 13:00~17:00 B会場
表面硬化部材の組織と力学特性フォーラム

本フォーラムは横浜国立大学GMI(グリーンマテリアルイノベーション)研究拠点傘下の「表面硬化部材の疲労損傷研究部会」との共催で、浸炭焼入れあるいは窒化処理等の表面硬化処理を施した鉄鋼材料の金属組織や力学的特性ついて報告します。
 11月01日 13:00~16:30 C会場
レーザ加工技術フォーラム

レーザ加工に関する基礎から応用に関する幅広い内容のフォーラムです。特に応用では、KISTECで積極的に取り組んでいる指向性エネルギー堆積法による金属AMの講演を行います。
 11月01日 13:00~16:30 D会場
切削加工技術フォーラム「次世代のものづくりへつなげる既存技術の活用」

製造現場における次世代技術の取り組み状況と、既存技術の活用状況を調査するとともに、①切削油剤のかけ方、②切削温度域の解析結果と高能率加工の条件選定、③加工による残留応力の3つの実験により既存技術を活用する工夫について検証した内容を報告します。
 11月01日 13:00~17:00 E会場
クリーンエネルギー材料技術フォーラム

本フォーラムはKISTECの電気化学セクションと横浜国立大学GMI 研究拠点の共催で、クリーンエネルギー社会システム構築のため、電気化学エネルギーデバイスの高性能化に必要な材料技術および触媒関連技術について参加者の皆さんと討論したいと思います。
 11月01日 13:00~16:45 F会場
第9回オープンテクノフォーラム
「ナノバイオテクノロジーが持つ無限の可能性 ~異分野融合による技術革新~」

ナノテクノロジーとバイオテクノロジーの融合や応用展開が進んでいます。本フォーラムでは、この技術分野で活躍されている方々に、基礎研究から応用展開までをご講演いただきます。
 11月01日 10:00~13:00 ポスター会場(中2階ホール)
ポスター発表3日目 | ものづくり要素技術の研究開発、製品化支援の成果

3日目は「ものづくり要素技術の研究開発、製品化支援の成果」をテーマにポスター会場(中2階ホール)にて大学院生やKISTEC職員によるポスター発表を行います。
ポスターの展示時間は10:00~13:00で、コアタイム(11:30~13:00)には発表者との質疑応答ができます。
学生の発表者についてはプレゼン会場にてショートプレゼン(5分/1人)も行います。プログラムの各プレゼンの開始時刻をご確認ください。

関連イベント

 

アクセス



電車をご利用の場合

 小田急線・相模鉄道線「海老名駅」より徒歩約18 分/JR相模線「海老名駅」より徒歩約15 分

バスをご利用の場合
 海老名駅西口バス停(“ららぽーと海老名”の前にあります)
神奈中バス「海01・09系統」の愛川バスセンター行「今泉」バス停下車、徒歩約5 分
※駐車場には限りがありますので、ご来所にあたっては、できる限り公共の交通機関をご利用ください。

参加に当たっての諸注意

【申込方法について】

下記の専用フォームから申込みをして下さい。

【各フォーラムの定員について】

各フォーラムは定員になり次第申込みを締め切る場合があります。ご参加いただけない場合のみご連絡します。
「新川崎・創造のもり」KBIC・NANOBIC・AIRBICでのフォーラムについては、先着順となっておりますで、ご注意ください。

【当日参加について】

当日の参加も可能ですが、できるだけ事前申込にご協力ください。
当日参加の場合は、受付で名刺2枚のご提出、又は所定用紙へ必要事項をご記入いただきます。

【参加費用について】

フォーラム・講演会・セッションの参加費は無料です。一部の懇親会及び情報交換会のみ有料です。

 

【予稿集について】

講演の予稿は、神奈川県立産業技術総合研究所のホームページに公開しますので、ご参加の際には必要なものを印刷してお持ちください。公開は、10月1日(月)15時からを予定しています。(ポスター発表の追加募集分に関しては、10月15日を予定しています)

【撮影について】

会場内にて、スタッフやマスコミが写真・映像の撮影を行っております。
撮影した写真・映像は、今後のイベント宣伝物等に使用させていただく場合や報道機関を通じて公開される場合がありますので、予めご了承ください

【海老名会場での昼食について】

食堂等はございませんが、イベント期間中、パン等の販売を行います(数量限定)。飲食は休憩スペース(1階)をご利用ください。

お問い合わせ

KISTEC Innovation Hub 事務局
(地独)神奈川県立産業技術総合研究所 企画部 連携広報課

TEL : 046-236-1500 E-mail : innovation-hub@kanagawa-iri.jp