抗菌技術フォーラム | Innovation Hub2019 in EBINA

開催日時 10月31日(木) 13:00 〜 15:45
定員 80名
概要 日本発の技術である抗菌技術は、安全衛生に関心の高い介護医療や食品分野、一般家庭にも関連製品が広がっています。関西大学の伊藤教授によるバイオミメティック抗菌材についてご講演のほか、県内企業様に抗菌材料や評価技術についてご紹介いただきます。

抗菌技術フォーラム 予稿集
見学ツアー 開催しない
懇親会 開催しない

プログラム

開会の挨拶:青木 信義(KISTEC化学技術部部長)
司会:廣川 隆彦 ( 化学技術部 バイオ技術グループ ) 
13:05

セミの翅を模倣した新しい抗菌材開発への取り組み

 伊藤 健 ( 関西大学 ) 
近年、セミやトンボの翅の表面に存在するナノメートルオーダーのピラー構造が殺菌・抗菌作用を持つことが明らかとなり、耐性菌に対しても抗菌作用を示す可能性があることから、新たな抗菌材として期待されている。本講演では、セミの翅の表面にあるナノ構造を人工的に模倣することで、どのような条件で殺菌・抗菌が発現するのかについて報告する。
14:05

微粒子投射処理による抗菌表面の形成

 熊谷 正夫・西谷 伴子 ( (株)不二WPC ) 
微粒子投射処理は、基材表面に微細形状を形成することができる。同処理による摺動特性向上に注目し、食品粉体等の付着抑制技術を開発してきた。付着抑制と抗菌特性の両立が可能な表面形状を見出した。開発経緯と抗菌特性について紹介する。
14:25

休憩

14:35

トイレの微生物汚れ発生メカニズムと対策技術

 伊丹 愛子 ( TOTO(株) ) 
水まわり空間には様々な汚れや臭いが存在し、その中でも微生物が関与しているものが多く存在する。本報ではトイレに着目し、汚れや臭いの発生メカニズムを解明し、そこから導き出した対策技術について報告する。
14:55

抗菌・除菌の効果を確認する試験方法について

 土崎 尚史 ( 日本微生物クリニック(株) ) 
抗菌・除菌を標榜する製品の効果の確認試験について、すでに公定法として確立されている試験方法を中心に紹介する。
15:25

KISTECにおける抗菌・抗ウイルス性能評価技術

 石黒 斉 ( KISTEC 研究開発部 ) 
KISTECが提供する光触媒加工品を始めとした抗菌・抗ウイルス性能評価技術サービスJIS試験やその他の応用試験方法について概要を説明するとともに、光触媒加工品の防藻性能評価試験のJIS化の取り組みについても紹介します。
事前参加登録は10月23日(水)で締め切らせていただきました。当日のご参加を心よりお待ちしております。
当日受付もございます。直接会場へお越しください。

また、11月7日(木)に溝の口支所で開催されます KISTEC Innovation Hub 2019 in MIZONOKUCHI については事前参加登録を11月1日(金) 15時まで受付しております。
参加を希望される方は 参加申し込みフォーム からお申し込みください。