ナノ・微粒子フォーラム | Innovation Hub2019 in EBINA

開催日時 10月31日(木) 10:00 〜 12:00
定員 30名
概要 ナノから微細サイズ領域(~1マイクロメートルまで)の粒子を対象としたフォーラムです。粒度計測機器メーカー様や、超遠心およびスラリーの濃縮機器のメーカー様から、最新技術の紹介をしていただくとともに、当所で新しく開発した色材の発表をいたします。

ナノ・微粒子フォーラム 予稿集
見学ツアー 開催しない
懇親会 開催しない

プログラム

司会:機械・材料技術部 ( 奥田 徹也 ) 
開会の挨拶:機械・材料技術部 奥田徹也
10:05

人工オパールの構造色と構造転写を利用した研究シーズの紹介

 小野 洋介 ( 機械・材料技術部 ) 
数百ナノメートルオーダーの酸化ケイ素粒子の集合体「人工オパール」について、①構造色顔料としての陶磁器への応用(女子美術大学との共同研究)と②構造転写による親水・疎水材料の作製に関する研究を紹介します。
10:25

微粒子の高機能化を支える「遠心分離技術」と「ろ過技術」

 可児 修一 ( 工機ホールディングス(株) ) 
ナノ粒子を分級可能な超遠心機の事例紹介と生産機移行事例及び、ナノ粒子スラリーの濃縮・粒子洗浄・溶媒置換に最適な回転式セラミックフィルタによるろ過技術応用例をご紹介します。
11:10

進化したナノ・微粒子の粒度解析技術と分光分析が切り拓く新しい世界

 楊 逸明 ( (株)堀場製作所 ) 
光散乱を用いたナノ・微粒子の粒子径、粒度分布測定の基礎や最新のアプリケーション事例をご紹介。また、総合分析機器メーカーだからこそ提案できるラマン等の分析装置を用いた多彩な分析技術をご提案いたします。
事前参加登録は10月23日(水)で締め切らせていただきました。当日のご参加を心よりお待ちしております。
当日受付もございます。直接会場へお越しください。

また、11月7日(木)に溝の口支所で開催されます KISTEC Innovation Hub 2019 in MIZONOKUCHI については事前参加登録を11月1日(金) 15時まで受付しております。
参加を希望される方は 参加申し込みフォーム からお申し込みください。