令和2年度 管理・監督者養成講座

 「今」のリーダーはどうあるべきか?を学ぶことにより、
コスト意識を高め、ものづくり企業の利益向上に貢献できる管理・監督者を養成します!

 企業の継続的な発展には、会社の方針や戦略を理解し、その達成のための具体的な実行計画を立案し、組織内に働きかけ、目標を達成していく管理者の活躍が欠かせません。とはいえ“実際何をどのように?”と不安に思っている管理者は少なくありません。「今」の管理者には、従来のような「命令統制型」のマネジメントスタイルではなく、科学的思考に基づく“ものの見方や考え方”を身に付け、積極的かつ柔軟なリーダーシップを発揮していくことが求められています。
 この講座では、これらをふまえ、ものづくり企業に必要な「高効率業務システム」を学ぶことによりコスト意識を高め、企業の利益向上に貢献できる管理者・監督者を養成します。
 

開催日程

第1回 2020年 5月14日(木)、15日(金) 9:30~16:30 募集中!(お申し込み用紙はこちらをクリックしてください)

第2回 2020年10月22日(木)、23日(金) 9:30~16:30 ー準備中ー

 


会 場     (地独)神奈川県立産業技術総合研究所 海老名本部 講義室  >>MAPはこちら

講 師     福田 祐二 氏 M I C 綜合事務所 所長  

対象者     直接、間接部門を問わず、管理者・監督者・リーダー及びその候補者

受講料     10,000円/人(税込・テキスト代含む)

募集人員    25名(事前申込、先着順)

お申込み方法  お申込み用紙をFAXまたは、メールにてお申し込みください。
 

カリキュラム

1日目 2日目
9:30~16:30

1.マネジメントの基礎知識

 (1)管理者としての“立場”を考える
 (2)業務遂行の基本 ・効果的業務遂行の心得
  ・会議の心得
  ・文書作成の基本   ・仕事中の態度・動作
  ・仕事を委譲するときの心得 
  ・効果的な仕事の進め方
  ・文書の取扱い    ・指示、命令、報告の仕方

 (3)マネジメント
  ・マネジメントとは? ・マネジメントの人的側面 
  ・管理者の役割    ・望ましい社員

 (4)人間関係と行動科学の基礎
  ・人の行動と動機づけ要因 ・X理論とY理論
  ・欲求階層論       ・動機づけ理論

3.ものの見方と考え方

 (1)リーダーシップ
  ・リーダーシップとは?   ・期待理論 
  ・教える技能        ・人間関係とリーダーシップ 
  ・リーダーの役割      ・リッカートのリーダーシップ
  ・コーチング・スキルの応用 ・グリッド理論
  ・コミュニケーションのスタイル

 (2)コスト意識
  ・原価とは?        ・利益図表
  ・原価の構成と計算     ・特殊原価計算

 (3)高効率業務システムの要件
  ・IEとは?        ・「整理・整頓」は標準化手法
  ・原価は造り方で決まる   ・高効率業務化の“目の付け所”
  ・標準なきところに改善なし ・工程改善のポイント
  ・作業改善のポイント    ・動作改善のポイント  

2.管理者の役割

 (1)管理者の要件
  ・管理者とは ・管理とは

 (2)管理者の役割
  ・組織の統括 ・業務の推進 ・部下の育成
  ・上司の補佐 ・企画、イノベーション等
  ・これからの管理者の役割と管理者像

         

講義のポイント

★ 分かっているようで分かっていない、仕事に取り組む時の基本的態度について学ぶ。
★ リーダーシップとは何かを基礎から学び、組織の牽引力としてのあり方を学ぶ。
★ メンバーのモチベーション向上と、自立した人材の育成方法についてを学ぶ。
★ 組織運営の効率化と組織成果の最大化のための、リーダーの役割と心構えを学ぶ。
★ 行動科学の基礎理論を学習し、良好な人間関係づくりのため、論理的な思考方法を身に付ける。
★ 原価のしくみを学び、高いコスト意識で仕事に取り組む姿勢を醸成する。 
★ 高効率業務システムの要件を学び、企業の利益向上に貢献する。        

  

受講者の声

◆ 講師の実際の経験に基づいたマネジメント・リーダー論で、非常に勉強になった。
  大変失礼ながら、ご年齢の割に非常に近代的なマネジメント論で、新しい世代へのマネジメント・リーダー論を学ぶことができた。

◆ マネジメントについての知識が理解できた。コスト意識、高効率業務システムの要件が実務的だった。

◆ 実際に企業で使用されているものや、実務からの資料が多く、非常に分かり易くためになった。
 

お問い合わせ

人材育成部 教育研修課
TEL  :  046-236-1500 FAX : 046-236-1527   E-mail:koryu@kanagawa-iri.jp
住 所: 〒243-0435 海老名市下今泉705-1