中田 一弥 研究員が『電気化学会 進歩賞・佐野賞』を受賞!

受賞タイトルは 「光エネルギー変換に資する光機能性材料の創成と応用」

中田一弥研究員
中田一弥研究員

中田 一弥 研究員(KAST光触媒グループ、有機系太陽電池評価プロジェクト)が、電気化学会第79回大会において、平成24年度の進歩賞・佐野賞を受賞しました。

本賞は、電気化学および工業物理化学に関する研究または新しい技術の開発を進め、その進歩が顕著であると認められた35歳以下の若手学会員の業績を表彰し、今後の活躍に期待するものです。
受賞タイトルは「光エネルギー変換に資する光機能性材料の創成と応用」で、光触媒および光電気化学分野において顕著な業績をあげてきたことが認められました。

具体的な成果として、

  • 1) 高性能な光触媒をつくる方法の開発(酸化チタンのナノファイバーやナノチューブの作製と評価)
  • 2) 光触媒を用いた環境にやさしい印刷法の開発(繰り返し使用可能な印刷版)
  • 3) 色素増感太陽電池の高効率化(近赤外光領域での光電変換を確認)
が挙げられます。いずれの成果も、将来的に産業界で活用されることが期待されています。

イノベーションセンター 研究支援グループ
TEL:044-819-2034 FAX:044-819-2026