AMED「産学連携医療イノベーショ創出プログラム」に採択されました!

AMED ACT-MS『力触覚を有する安全安心な整形外科ドリルとシミュレータの開発』

 「力を感じる医療・福祉介護次世代ロボット」プロジェクト(下野誠通プロジェクトリーダー)は、日本メドトロニック株式会社、慶應義塾大学医学部とともに、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)平成31年度「産学連携医療イノベーション創出プログラム セットアップスキーム(ACT-MS)」に申請し、これに採択されました。

課題名 力触覚を有する安全安心な整形外科ドリルとシミュレータの開発
研究代表者 下野誠通(KISTECプロジェクトリーダー)
研究分担者

大西公平(KISTEC研究顧問)、 松永卓也(KISTEC研究員)、 浅井洋(KISTEC研究員)
中村雅也(慶應義塾大学医学部教授)、八木満(慶應義塾大学医学部専任講師)、 美馬雄一郎(慶應義塾大学医学部助教)

セットアップ企業

日本メドトロニック株式会社

実施期間

令和元年8月 ~ 令和3年3月

研究概要

 本研究開発課題では、実際の力触覚を伝送可能なリアルハプティクス技術を応用することで、術者が正確に切削対象を判別し、組織剛性を指先で触るかのように認識することが可能なハプティック骨ドリルを新たに開発する。
また、リアルハプティクス技術は切削対象の剛性など力学的性状情報を抽出することが可能であることから、骨粗鬆症など骨状態の診断や、トレーニングシミュレータへのデータ搭載を目指した身体情報記録などにも応用できる。そこで本研究開発課題では、治療機器としての骨ドリルの実現のみならず、高度な切削動作のトレーニングが可能な骨ドリルシミュレータへの展開も目指す。

 

AMED報道資料 平成31年(令和元年)度 「産学連携医療イノベーション創出プログラム・基本スキーム(ACT-M)/セットアップスキーム(ACT-MS)」の採択課題について
https://www.amed.go.jp/koubo/02/02/0202C_00013.html

研究開発部 研究支援課 研究支援グループ
TEL:044-819-2034 FAX:044-819-2026