「マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓の開発 1週間以上の持続性と急性(血糖値)応答性を両立した世界初のプロトタイプ 」のビデオアブストラクトが公開されました

Wiley 社 Advanced Functional Materials 誌(電子版 12 月 9 日)で発表された「マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓の開発  1週間以上の持続性と急性(血糖値)応答性を両立した世界初のプロトタイプ 」(国立大学法人 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所(東京都千代田区、所長 宮原裕二)松元亮 准教授(地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所 非常勤研究員兼務)、地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所(神奈川県海老名市、理事長 馬来義弘) 陳思淵 研究員、国立大学法人 名古屋大学 環境医学研究所(愛知県名古屋市、所長 山中宏二)菅波孝祥 教授の共同研究)が、Advanced Science News にてビデオ・アブストラクトとして紹介されました。

 

(動画はAdvanced Science News が YouTube で公開しているものです)

この研究成果は平成31年1月16日に記者発表させていただいたものです。