【募集終了】知財セミナー 2月28日(木)開催 「IoT・AI事業と特許戦略 -IoT・ブロックチェーンでモノを繋ぎ、AIでコトを創る-」

KISTECでは、県内中小企業の皆様を対象に知的財産権の活用の普及・啓発を図るため、知的財産セミナーを開催しております。

今回は、IoT・AI事業と特許戦略について解説しますので、是非ご参加ください。

2月28日(木)知財セミナー チラシ

【募集終了】たくさんのお申込みをいただき、ありがとうございました。

■セミナー名

IoT・AI事業と特許戦略 -IoT・ブロックチェーンでモノを繋ぎ、AIでコトを創る-

■日 時 2019年2月28日(木) 13:15~16:45(13:00受付開始)
■場 所

相模原市立産業会館 特別会議室(国際商談室) (相模原市中央区中央3-12-1)

■参加費 無料
■定 員 40名(事前申込制、先着順)
■講 師

辰巳 富彦 氏 早原特許技術事務所 パートナー弁理士

(詳しい経歴は、チラシをご覧ください。)

■プログラム

13:15~13:25 地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)

          IoT技術導入支援事例紹介

 

13:25~16:25 知財セミナー IoT・AI事業と特許戦略 -IoT・ブロックチェーンでモノを繋ぎ、AIでコトを創る-

 第1部 IoT+AIで新ビジネスを創る

  ◆IoT:老舗企業の「専売特許」破壊マシーン

  ◆AI:破壊力のある「サービス」製造マシーン

  ◆IoT+AIによるエコシステム

  ◆注目!エッジコンピューティング

  ◆ブロックチェーン:IoT・AI進化の切り札

  ◆重要!セキュリティ,メンテナンス,課金ポイント形成,顧客管理

  ◆動物にできることはIoT・AIでもできる?!

 

 第2部 IoT・AI時代に取るべき特許

  ◆ピンポイント特許,用途特定特許

  ◆「特許が保護すべきは技術ではなくビジネス」

  ◆複数侵害主体,域外適用(国外設置サーバ等),間接侵害への対処

  ◆IoT・AI時代の特許はアライアンス/異業種間紛争での重要交渉カード

 

 第3部 IoT・AI時代の特許戦略

  ◆IoT・AI技術の導入は企業にとって死活問題?!

  ◆「イノベーションを継続的に生み出す仕組み」を構築

  ◆「オープン&クローズ戦略+標準化」の仮想事例

  ◆「先読み」ロードマップが大事

  ◆IoT・AI事業ステージに合わせた知財戦略

  ◆課題発生・ピンチこそイノベーションのチャンス

 

16:25~16:45 IoT技術導入支援相談

■共 催

きらぼし銀行・神奈川県IoT推進ラボ

■後 援 相模原市・公益財団法人相模原市産業振興財団・相模原商工会議所

 

【問合せ先】

(地独)神奈川県立産業技術総合研究所 企画部 経営戦略課

 電話:046-236-1500(代表) FAX:046-236-1526