3Dプリンター造形支援について

(地独)神奈川県立産業技術総合研究所では、3D プリンターによる造形・試作開発を支援しています。
依頼試験や受託研究としてご利用下さい。

依頼試験(試験計測)

 3D データの作成やお客様の3D データの造形

受託研究(研究開発受託)

 技術開発、製品開発、研究開発の支援

 

「3Dプリンター造形支援のご案内」  

  出力費用やご発注から納品までの流れ等はこちらをご覧ください。

 

「3Dプリンターご活用のヒント」  

  3Dプリンター(3D Systems ProJet 5500X)をご利用する際のヒントとしてお役立て下さい。

 

使用可能な機器

 

◆ProJet MJP 5500X(3D Systems 社製)UV 硬化型インクジェット造形方式

特徴:

・異なる素材を混合して造形

・組み付けしたまま造形

・サポート材がワックスのため破損が少ない

・広い造形エリアより大小多数の造形パーツを一度に出力可能

積層ピッチ:HD モード25μm、UHD モード16μm、XHD モード13μm

造形範囲:518×381×295mm

素材:ABS ライク(ホワイト)、エラストマー(ナチュラル)

 

◆AGILISTA-3100(KEYENCE 社製)UV 硬化型インクジェット造形方式

特徴:

・高精度な造形

・靭性があるから割れにくい

・透明性のある樹脂

・水につけておけばサポート材が除去できる

積層ピッチ:20μm

造形範囲:297×210×200mm

素材:アクリル系透明樹脂

 

 お問合せは、情報・生産技術部 デザイン・設計グループまで