核磁気共鳴吸収試験(基本測定)

 

NMR、核磁気共鳴、有機構造解析、2次元NMR、多核NMR

項目 内容
試験名 核磁気共鳴吸収試験(NMR)
手数料No E2642
分類 材料や異物等の材質、成分、元素の分析/対象別分析/有機物分析
内容 NMR(核磁気共鳴吸収)によって、材料(有機化合物など)中の、水素(H)や炭素(C)の原子核の状態と相対比を観測する試験です。シグナル強度がモル比に比例するため、材料の同定や有機構造解析などが可能となります。対象となる試料は液体で、固体の場合は水や有機溶媒に溶解できることが必要です。
補足説明 1核種の1次元スペクトル
使用機器例 多核FT-NMR装置
試験対象 液体試料、または、溶媒に溶解可能な固体試料
備考 1試料1核種1スペクトルにつき
担当 機械・材料技術部

  • 「使用機器例」とは当試験のために使用する機器の名称で、クリックすると詳細説明がご覧になれます。
  • 「手数料」とは当研究所職員がお客様のご依頼を受けて試験等を実施する場合の料金です。
  • この他にオーダーメードでもお受けできます。