高分子材料の表面処理の解析

観察例

ポリエチレン・ポリプロピレン(PE・PP)不織布の表面について
親水性コロナ処理の評価事例

使用機器

X線光電子分光分析装置(XPS)

PE・PP不織布

PE・PP不織布

測定例

・ワイドスキャンによる元素分析および簡易定量

分析データ

定性定量結果

コロナ処理あり試料は処理なし試料と比較して
酸素が多く存在していることが分かりました。

・ナロースキャンによる炭素スペクトル化学状態分析

分析データ

コロナ処理あり試料と処理なし試料を比較し、
処理有り試料には親水性を有する極性官能基が
導入されていることがわかりました。

納期予定

試料お預かりから概ね1週間程度で結果のご報告をいたします。
お急ぎの場合はご相談下さい。

利用料金項目

項目 単位 数量
X線光電子分光分析
(µ-XPS・µ-ESCA)

表面分析

1試料1ヶ所につき(ワイドおよびナロースキャン) 2  

データ処理が必要な場合

・コロナ処理ありの炭素スペクトルピーク分離

分析データ

分析データ

炭素スペクトルのピーク分離処理により、各極性官能基の
存在比率の評価ができます。

利用料金項目

ワイドおよびナロースキャンの測定料金にデータ処理料金が加算されます。

川崎技術支援部
TEL:044-819-2105 FAX:044-819-2108

お問い合わせフォーム