1月24日開催 IoT技術活用のための知的財産セミナー③「ものづくり中小企業の経営に活かすIoT特許の取得術と活用法」参加者募集

募集中 受講料無料

KISTECはIoT技術の開発に取り組む中小企業を支援しています。今年度は「IoT技術活用のための知的財産活用促進支援事業」としまして、IoT技術に焦点を当てたセミナーを開催します。その3回目となる本セミナーは、渡部仁氏(将星国際特許事務所 所長弁理士)が「ものづくり中小企業の経営に活かすIoT特許の取得術と活用法」について講演します。また、KISTEC職員による各種相談対応もあります。参加費は無料ですので、ぜひご参加ください。

 

日時 平成30年1月24日(水)14:00~16:45
場所

大田区産業プラザPiO 特別会議室

東京都大田区南蒲田1丁目20-20

プログラム

14:00~16:00 ものづくり中小企業の経営に活かすIoT特許の取得術と活用法

IoTは、ものづくり中小企業がこれから参入できる注目の分野ですが、市場において優位性を確保するためには、早い段階で影響力の強いIoT特許を取得することが重要です。しかし、IoT技術は従来技術と重複する部分が多いため、特許になるポイントの見極めを知らないと、特許の取得は困難です。一方で、ポイントの見極め方を知ることで、市場において優位性を保つ切り札となるような、有効な特許を取得できる可能性を多く秘めた分野です。本セミナーでは、ものづくり中小企業が経営に活かせるIoT特許の取得術と戦略的な活用法について、実例を挙げながら解説します。講師である渡部仁氏(将星国際特許事務所 所長弁理士)が技術支援を行った実例をもとに、前半では「IoT特許の取得術」を、後半では「市場規模とシェア拡大のための特許の活用法」について解説し、将来の展望について述べます。

16:00~16:15 KISTEC事業紹介

16:15~16:45 KISTEC相談会

KISTEC職員が会場内で「IoT」「知財」「デザイン」「技術全般」について事業の説明をした後、相談対応をいたします。具体的な相談内容をお持ちの方も、何となくそれぞれのテーマに関心をお持ちの方もお気軽にご参加ください。

講師情報

渡部 仁 氏(将星国際特許事務所 所長弁理士)

1996年日本大学理工学部電子工学科を卒業し、大手国際特許事務所に入社。2007年に弁理士登録。2009年に将星国際特許事務所を設立し、2014年特定侵害訴訟代理業務付記登録。第一種電気通信主任技術者、情報処理技術者の資格を持ち、情報処理、通信、電気電子回路分野の特許には特に高い専門性を持つ。日本弁理士会関東支部神奈川委員会副委員長、知財総合支援窓口知財専門家、鎌倉商工会議所専門相談員等、様々な役職を歴任。

申込み方法・お問い合わせ先

まだお席に余裕がございますので、参加希望の方は下記問い合せ先までお電話ください。

<お問い合わせ先>

地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所 

企画情報連携部経営戦略課

電話 046-236-1500(内線2104)

メール tizaisien@kanagawa-iri.jp

実施体制

(主催)地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所

(共催)株式会社八千代銀行

(後援)大田区