9月25日開催 IoT技術活用のための知的財産セミナー①「知的財産活用入門」

募集終了 受講料無料

KISTECはIoT技術の開発に取り組む中小企業を支援しています。今年度は「IoT技術活用のための知的財産活用促進支援事業」としまして、IoT技術に焦点を当てたセミナーを開催します。その1回目となる本セミナーは、IoTに取り組む企業の皆様が持つ「知財って何?」「IoTと知財の関係は?」「知財戦略はあるけどマッチングなどうまくいかない」というような疑問や悩みを解消するために、中西寛氏(特許流通コーディネーター、中小企業診断士)、高木康志氏(高木特許事務所 弁理士)の2名の専門家に講演していただきます。参加費は無料です。皆様の参加をお待ちしています。

【プログラム】

13:30~13:50 「IoT技術活用のための知的財産活用促進支援事業について」

        KISTEC職員

13:50~14:50 「技術活用と連携による事業構築」

        中西 寛(特許流通コーディネーター、知的財産アナリスト、中小企業診断士)

        経営環境が激変しつつあります。環境規制、EV、IoT、AI、ARといった新

        技術等、企業に変革をせまる要因は多々あります。自社の事業の柱を強化

        し、増やそうとする皆様と共に様々な連携の方策を考えたいと思います。

15:00~16:45 「IoT時代を迎えるための知的財産入門編」

        高木 康志(高木特許事務所 弁理士)

        IoT時代の本格到来に向けて、IoT技術の開発・保護・活用のための知財

        活動支援事業が今後活発に行われていきます。‘‘基礎なくして応用無し!’’

        に習い、特許を中心にした知的財産の基礎について、IoT発明等の事例

        を交えながらご説明致します。

開催要領

日時

平成29年9月25日(月)13:30~16:45

場所

ホテルKSP 会議室701

(川崎市高津区坂戸3丁目)

アクセスはこちらをご覧ください。

対象

中小企業関係者 

上記以外の方の参加も大歓迎です。

■講師情報

中西 寛(特許流通コーディネーター、知的財産アナリスト、中小企業診断士)

1974年日本NCR(株)に入社し金融システム開発を担当。1978年に日本タイムシェア(株)に入社し、以降主に中小企業のシステム開発等に関わる(最終職位:生産技術副部長)。1995年にシステムコンサルタントとして独立。1999年に中小企業診断士に登録後、創業・新規事業開拓等に携わる。2007年に国の特許流通促進支援事業で、特許流通アドバイザーとして活動しを開始し、2011年からは神奈川県知的財産活用促進支援事業で、特許流通コーディネーターとして活動し、現在に至る。

高木 康志(高木特許事務所 弁理士)

1994年に技術開発職として化学薬品メーカーに入社し、生産プラントの立案・設計、工業機器の選定、省エネルギー施策に携わる。2004年に弁理士登録後、都内の特許事務所にて国内外の出願代理業務を経験し、2012年に横浜市内にて特許事務所を開設。2015年より日本弁理士会関東支部神奈川委員会副委員長、2016年より神奈川県知財総合支援窓口専門家等を務める。

参加費

無料

募集人数

50名

定員に達し次第、募集を締め切ります。

申込方法

申込みを締め切りました。(9月25日)

問合先

(地独)神奈川県立産業技術総合研究所 企画情報連携部経営戦略課

 電話:046-236-1500(代表) FAX:046-236-1526

メールアドレス:tizaisien@kanagawa-iri.jp

■実施機関

主催:(地独)神奈川県立産業技術総合研究所

共催:(株)八千代銀行