燃料電池の長寿命化に向けた新触媒に関する大学との共同研究成果が新聞に掲載されました

ニュース 溝の口支所

2017年8月21日、燃料電池の寿命延長につながる触媒の開発に関する研究成果が、日本経済新聞朝刊11面に掲載されました。

この成果は、当研究所と東京工業大学との共同研究成果になります。

  「高効率燃料電池開発」グループはこちら

 外部リンク:日本経済新聞 電子版 「燃料電池の寿命長く 新触媒を開発」