蛍光体粒子分散セラミックスを常温で高密度化 ~次世代高出力半導体照明用に資する高熱伝導率化と透光性も付与~

ニュース

 国立大学法人横浜国立大学大学院環境情報研究院の多々見純一教授と地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)「革新的高信頼性セラミックス創製」プロジェクトの高橋絵美準研究員は、常温での緻密化プロセスにより8W/m・Kという従来の樹脂を用いたものと比較して40倍以上も高い熱伝導率を有する蛍光体粒子分散酸化マグネシウムセラミックスの開発に成功しました。

 なお、本成果の一部は、10月15日から始まる粉体工学会秋期研究発表会、10月22日から始まる粉体粉末冶金協会2019年度秋季大会及び10月31日に開催されるKISTEC Innovation Hubプロジェクト研究機能材料フォーラムで発表されます。

 詳細はこちらをご覧ください 記者発表資料

 革新的高信頼性セラミックスの創製プロジェクト